ワーホリ・留学前【準備】

スペイン ワーホリ【留学】持ち物リスト 2019年6月更新

これからスペイン留学に出発する予定の方。スペイン留学のために何を持って行って、何を持っていかなくてもいいか迷いますよね。

極端な話、スペイン留学にはパスポートとクレジットカードと1泊の旅行セットがあれば何とかなる。

どこかの無人島や僻地に行くのであれば、日本から大量の荷物を持っていく必要がありますが、スペインは先進国です。

衣食住において日本と同等の商品が手に入ります。もちろん電化製品は日本の方が高品質、低価格ですが、スペインでは炊飯器だってデパートやネットで購入できます。

ですので、あまり荷物の心配せず必要なものだけスーツケースに詰めて、身軽にスペイン入りすることをお勧めします。

そんな事を言っている私はカタール航空でバルセロナ入りした際、荷物は合計30㎏まで可、厳選して荷物を選びましたが減らし切れず最後に超過料金を2万円支払いました。

バルセロナに到着する大手の飛行機会社は預け荷物23㎏×1個あるいは23㎏×2個です。この1個の差はとても大きいので、スペイン留学に旅立つ際の飛行機を選ぶときは、まず預け荷物の許容範囲を調べるのをお勧めします。

スペイン留学の持ち物、迷ったときの見極めポイントは4つ

ポイント

1現地調達不可能

2現地調達可能だが日本との品質差

3  現地調達可能だが日本と価格差が大きい

4  到着して3日以内に使用する

 

スペイン留学持って行った方が良いものリスト

現地調達不可 日本との品質差 日本との価格差 3日以内に使用
ヘアドライヤー
ヘアアイロン
包丁
爪切り
携帯電動歯ブラシと替えのブラシ
生理パンツ
洗顔料・化粧水・乳液
女性用眉シェーバーと替えの刃
ユニクロ ウルトラダウン、ヒートテック、エアリズム
タイツ80デニール以上
スパ バック
風邪薬・葛根湯
海外変換用コンセントプラグ
日本のコンセント用延長コード
パソコン
はさみ
ボールペン10本程度
自立する筆箱
10枚用の薄いファイル
ペン型ホチキス、クリップ
リュック
文法と単語集の本1冊づつ
インスタント味噌汁
鍋キューブ
ふりかけ
3泊分のヘアケア、洗顔セット(詰め替え容器)
ランニングシューズ
ビーチサンダル
SIMフリー携帯
クレジットカード

ヘアドライヤー

到着した日から使用しますよね、ホテルやホームステイ先にはない場合あるので、女性の方は要持参。スペインの水は硬水なのでシャンプーした後、髪がギシギシしています。髪をケアしながら乾かすような機能がついてるものはないのはスペインにはないので日本のケアしてくれるドライヤーがお勧め。

 

 

包丁

これは持ってきた自分をほめてあげたい。ホームステイ先やシェアハウスの包丁は年期が入って切れにくいものが多いです。自炊生活をする予定の方は日本の良く切れて軽い包丁を持ってくるとストレスフリーで料理ができます。一緒に薄いまな板マットもあるとよいかも。

携帯電動歯ブラシ

スペインにはごつい電動歯ブラシしか売っていません。ランチの後にも歯磨きしたい人は携帯用がピッタリ。替えのブラシはスペインでは買えないので、多めに持ってくるのを忘れずに。

洗顔料・化粧水・乳液

日本ではスキンケアは洗顔→化粧水→美容液→乳液が当たり前ですがスペインではMINCELAR(ふき取り化粧水)→美容液で終了。

そのためチューブに入った洗顔フォーム、うるおいを与える化粧水、乳液がなかなか見つけられません。消耗品なので2本も3本も持ってくる必要はありませんが、余裕があれば大き目サイズのものを最低1つは持参することをお勧めします。メイク落としはどこでも安く手に入るので詰め替え容器に入れた小さいものがあれば大丈夫。

ユニクロ

バルセロナにはユニクロが2店舗あるのでいつでもユニクロの商品は買えるのですがやはり日本の倍のお値段を見ると購入を躊躇してしまいます。ウルトラダウンや、ヒートテック、エアリズムキャミソールなどは薄くて軽く、荷物の中で弛緩剤の役目としても使えるので日本で安いときにまとめて買っておくとよし。

タイツ

スペインも冬になるとタイツは売っていますが1本1000円ぐらいする上、生地がゴワゴワでストレッチ力もありません。日本のタイツは本当に優秀。

スパ バッグ

地味に持ってきてすごくよかったアイテムがスパバッグ。シャワーの時にとても役立ってます。バックの底がメッシュになっているなんてさすがジャパンクオリティ。

風邪薬・葛根湯

スペインの薬局で痛み止めや、鼻づまりの薬などは安くすぐに手に入りますが、風邪っぽいなーというときに飲むような薬がありません。季節の変わり目は日中の寒暖差が日本よりずっと激しいので風邪をひきやすいので必ず持参。

日本のコンセント用延長コード

地味に持ってきてよかったものです。机でパソコンをしながら携帯を充電ってよくある状況ですよね。それぞれに変換タップを付けるより快適に使えます。

はさみ

これも地味に持ってきてよかったものです。到着後最初の数日では生活必需品を買い物するので、何かとタグを切る場面が多いんです。必ずスーツケースに入れておいてください。絶対役に立ちます。

日本の文房具

スペイン留学に来た学生さんの場合勉強道具はマストですよね。世界中どこを探しても日本より高品質、低価格な文具はありません。またボールペンですがスペインでは0.7や1.0の太目のものが主流です。0.5は無印でしか見たことがありません。荷物に余裕があれば毎日使う勉強道具は使いやすいものをたくさん持参することをお勧めします。

文法と単語の本1冊ずつ

現地では全部スペイン語で書かれたテキストを使用します、その環境に慣れるためにも日本語で書かれた参考書はたくさん必要ありません。ですがスペイン語の説明ではよく分からなかった、ニュアンスを確認したいという時のために文法書と単語を1冊ずつ用意しておくと心強いです。私のおすすめはこの単語集と文法集。どちらも安定のNHK出版で基本がしっかり押さえられています。


 

ランニングシューズ

バルセロナはとにかくよく歩く街です。自分の足にフィットしたお気に入りのランニングシューズがあれば散歩の楽しさも増。

ビーチサンダル

ホームスティ先やピソのバスルームで前に使った人が水浸しにしたままというのはよくある状況です。シャワー後快適に過ごすためにもビーチサンダルを持っていきましょう。

クレジットカード

とりあえずパスポートとクレジットカードがあれば生活はなんとかなります。海外保険のついたクレジットカードなら尚よし。ですが現地について初めて使いますだと問題が起こったときに大変です。少額でいいので日本で1度キャッシングサービスを利用して使い方の流れを知っておくほうがいいでしょう。

スペイン留学持って行かなくて良いもの

  • 生理用品

もちろん日本の方が高品質低価格ですが、気にするほどの違いはありません。

  • シャンプーなどボトル商品

シャンプーリンスボディシャンプーは大きいボトルは入りません。詰め替え容器に入れて持参し、その詰め替え容器を小旅行の時に使いまわしましょう。

  • 水筒

節約のためにも水筒はあったほうがいいですが、スペインでもかわいい水筒が日本と同じぐらいの値段で買えます。

  • 電子辞書

賛否両論ですが、結局いつも携帯の辞書を使っています。しっかり調べたいときはパソコンを使うので私の場合、電子辞書は出番がありませんでした。

  • 醤油などの調味料

今では近所のスーパーでも醤油が買えます。みりんやみそやマヨネーズも日本食材やさんやアジア食材店に行けば購入できます。お値段はもちろん高めですが、1回買えば長持ちするので重たい思いをして持ってくる必要なし。

スペインはお米を食べる習慣があり、スーパーには必ずお米が売っています。昭和っぽい簡易炊飯器も安く売っています。ちなみにお米はVeritasというBIOのお店のものが美味しいですよ。

  • 大量の洋服、靴、鞄

私の場合、洋服、靴、鞄をたくさん持ってきてしまったため重量が重くなってしまったようです。スペインはZARAやMANGOを代表するアパレル大国。また洋服や靴のサイズも日本人の標準とさほど変わらないため、普通サイズのかわいい洋服がすぐに手に入ります。また留学初期は自由時間もたくさんあり、一人で散歩しているとついつい洋服屋さんに吸い込まれてしまいます。超過料金を払うならそのお金で現地で服を買えばよかった。

今はバルセロナには100円均一のお店があり洗濯ネットやハンガーピンチなどは現地で購入できるので安心してください。

スペインの医療保険は無料カバーの範囲が広い!日本の保険よりもスペイン現地の保険へ加入がおすすめ

日本大使館に確認したところ、スペイン長期学生ビザ申請用の医療保険ですが条件を満たしていればスペイン現地の保険会社を使用しても大丈夫とのこと。 海外生活を送る上で心配になるのが病気の事だと思いますが、ス ...

 

 

© 2022 スペイン オトナ留学記 Powered by AFFINGER5