スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

スペイン 【運転免許交換】手続き方法と費用

 

最近日本の運転免許をスペインの運転免許に交換しました。交換なので今手元に日本の運転免許はありません。

日本の運転免許を差し出して返ってこなかったらどうしようと思って迷いましたが、スペインの免許は10年間有効だし

スペインにできるだけ長く住みたいし、スペイン国内旅行に行ったときにレンタカーを運転したいしということで思い切って交換しました。

日本の運転免許の交換はスペイン語でCANJE DEL PERMISO DE CONDUCCIÓN DE JAPÓN

スペイン【運転免許交換】にかかった費用

  • 日本総領事館での運転免許抜粋証明の発行費用:17€
  • 運転適性検査センター 適性検査診断書:72€
  • 交通局への税金支払い:28.30€
  • 証明写真:5€

合計122.30€

スペイン【運転免許交換】に必要な書類

在バルセロナ日本国総領事館のホームぺージより

(1)所定の申請書 (交通総局にて入手可能。また、同局HPからもダウンロード可能)

(2)手数料 (毎年料金改定)

(3)スペイン国滞在許可カード及びそのコピー

(4)日本国運転免許証オリジナル及びそのコピー

(5)当館発行の運転免許抜粋証明オリジナル及びそのコピー(詳細はこちら

(6)申請者が居住する県にある運転適性検査センター(Centro de reconocimiento para conductores)が発行する適性検査診断書

(7)証明写真1枚(32 x 26 mm)

(8)Talón foto(タロンフォト)

1~8の中で事前に用意が必要なのは

(3)スペイン国滞在許可カード及びそのコピー

(4)日本国運転免許証オリジナル及びそのコピー

(5)当館発行の運転免許抜粋証明オリジナル及びそのコピー(詳細はこちら

(6)申請者が居住する県にある運転適性検査センター(Centro de reconocimiento para conductores)が発行する適性検査診断書

(7)証明写真1枚(32 x 26 mm)

のみです。

(1)(2)(8)に関してはバルセロナの交通局で申請当日にその場で記入します。

(1)の申請書は私は事前に質問に行ったときにもらった用紙に記入して持っていきましたがどうやら違っていたようで、その場で新しいものをもらって記入しました。

また支払いもその場でクレジットカード払いができます。

スペイン【運転免許交換】に必要な運転免許抜粋証明って?

在バルセロナ日本国総領事館のホームぺージより

(1)申請者が日本の有効な自動車運転免許証を有していることを証明するもの。
(2)現在お持ちの日本国運転免許証とスペイン国運転免許証の交換手続きの際に必要。

日本の運転免許証とNIEをもっていき窓口で申請します。

引き換えチケットをもらい、書類が出来上がる2日後に再訪問し17€を支払えば運転免許抜粋証明がもらえます。

ただしスペインに在留届を出していることが条件です。まだ在留届を出していないかたはオンラインで登録できます。

私は日本の普通免許を持っていたのですが、スペインでのカテゴリーはB (普通車) と C1(7,500㎏までのトラック)になるそうです。

はい、スペインの免許証に変更した場合もれなくトラックの免許もついてきます。

スペイン【運転免許交換】に必要な運転適性検査センターって?

視力、聴力、問診、シュミレーションゲームを使った運転テスト、判断能力テストなどを行う医療センターです。

私は大手保険会社RACCが経営している運転適性検査センターに行きました。検査にかかった時間はおよそ1時間。

びっくりしたのがシュミレーションゲームを使った運転テストと判断能力テスト。

車を道路からはみ出ないように走らせるシュミレーションゲームだったんですが、なぜか画面にくねくね道が2つ表示されているんです。なんと右手と左手で1台ずつコントロールするっていうタイプ。もちろんそれぞれ違うくねくね道だし、道狭すぎ。これゲーマーじゃないと無理、レベル高すぎ!おばあちゃんとか絶対ムリゲー。

判断能力テストは、この音が鳴ったら右のボタンを押す、この音がなったら左足で足元のボタンを押す。この音が鳴ったら何もしない。とかいうやつ。口頭で説明されてもそのルールが覚えられないんですけど。。。これって判断までにかかる秒数を計ってるテストのはずだけど、私にとっては記憶力テストでしかない。

最後にパズルゲームもありましたが、難しすぎて時間切れアウト。

そんなスペインの運転適性検査にカルチャーショックを覚えながらも、なんとか検査には合格して証明書をその場で発行してもらいました。

私は値段を調べていかなかったので、最後のお会計が72€だったのも衝撃的でした。探せばもうちょっと安いところがあったはず。

バルセロナだけで約50件の運転適性検査センターがあるので家から近いところや料金の安いところを選ぶのがおすすめ。

スペイン【運転免許交換】交通局のCitaが必要です

よし書類も全部揃ったあとは交通局に行くだけ!と思ったら甘かった。

ここはスペインバルセロナ。なんでも予約が必要だった。

バルセロナ交通総局
Jefatura de Tráfico de Barcelona
住所:Gran Vía de les Corts Catalanes, 184, 08071
電話:93-298-6539/6548/6567(総合案内番号:060)
取扱時間:
月・火・水・金 8:30-14:30
木曜のみ  8:30-14:30、15:30-17:30

DGT (交通局)オフィシャルサイト日本の運転免許交換について

スペイン【運転免許交換】交通局のCita(予約方法)

1.交通局のホームページから予約のページにアクセス

2.solicitar cita previa en jefaturas をクリック

3.oficina はバルセロナを選択、Tipo de Tramite はtrámites de oficinaを選択

アンドラ、韓国、日本、モナコ、スイスの運転免許交換はTipo de Tramite はtrámites de oficinaを選択です。Canjes de permisos de conducciónをクリックしてもjaponは出てきません

4.Área :Conductores のContinuarボタンをクリックし予約日を選択

5.個人情報を入力

6.予約の日時を選択(約1ヶ月後の日程が予約可能)

7.最後に内容を確認してconfirmのボタンを押して予約完了

confirmarのボタンを押すまで予約は完了しませんので必ずクリック。私はクリックしておらず予約したつもりの日程に行ったら、君の予約は無いと言われまたイチから予約することになりました。

スペイン【運転免許交換】交通局で申請

予約した日程に交通局に行きます。場所はプラザ・エスパーニャから歩いて10分程度。最寄り駅はMagoria- la campana 大通りに面しているので分かりやすいです。目印は黄色いRACCの看板。

交通局についたらまず、2階にあがって正面にある機械にCita番号を入力しチケットを発行します。チケットは予約の10分前から発行可能。10分以上前に番号を入力したらこのCita番号はありませんと表示されます。

そして20分ほど待って番号をよばれたら指定の番号のデスクに行って申請。

私の担当のおじさんに、日本の免許を交換しにきましたと言ったら「え、ちょっとまってね今調べるから」と言って分厚いマニュアル本を読み始めました。なんでもこのタイプの免許交換はめったに無いとか。おじさんには初めての手続きだったようです。

だからマニュアルを見ながらとっても丁寧に対応してもらいました。

この日は仮免(AUTORIZACIÓN TEMPORAL PARA CONDUCIR)をもらって帰宅。この仮免があればその日から運転していいそうです。

 

実際の運転免許は1ヶ月後ぐらいに郵便で届きました

これであと2029年までスペインで運転できることになりました

後日談:スペインで免許を取得しても日本の免許証は返却されます

スペインの免許証を取得してから約4カ月たったある日バルセロナ総領事館から電話がありました。

あなたの日本の免許書が総領事館に戻ってきたので引き取りに来てください。と。

日本の免許は帰国の際に依頼しないと戻ってこないと思っていたのですが、現在は日本領事館に返却され次第連絡があるようです。

 

あわせて読みたい

-スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

Copyright© バルセロナ オトナ留学記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.