スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

スペインに荷物を送る際は郵便局の小型包装物(Small Packet)がおすすめ

先日、日本の実家から荷物を送ってもらおうと思ってスペインの配達事情を調べてみると次から次へと出てくる残念な情報

スペインあるある残念EMS話

  • 通関で止まって、多額の関税を払うはめになりました
  • 引き取りのために中身のレシートをもってこいという書類要求
  • 知らないうちに日本に送り返されていました

中身が食品でも洋服でもプレゼントでもとりあえずなんでも止まっていると考えた方が良さそうです。

高いEMS料金を払ったうえに、通関で止められ事務処理に時間と労力を費やして、高い関税を払ってやっと荷物が受け取れるかもしれない。

なんていうマイナス要素てんこ盛りのEMSを使いたいという気には全くなれませんでした

そこで私が選んだのはゆうびん局の小型包装物<航空便>という発送方法です。

小型包装物はこんな人におすすめ

  • 自分の身の回りのものを少しだけ送ってもらいたい人
  • スペインで購入するより配送料金を払っても日本で買った方が安く質がいいものを送りたい
  • スペインに住む友達にちょっとしたプレゼントを贈りたい人

スペインに荷物を送る 郵便局の小型包装物(Small Packet)って何?

  • EMSや小包より安く送ることができる、定形外郵便。
  • 小型包装物は手紙やはがきなどと同じ通常郵便物。
  • 宛先は手紙同様に直接封筒に記載。
  • 最大2㎏まで配送可能。
  • 梱包サイズは長さ+幅+厚さ=90cmまで。イメージとしては最大5cmの厚みのあるA3封筒まで可。
  • 郵便代と発送する商品価値が合計価格が4500円未満の場合適用可
  • 基本的に追跡不可だが、書留サービスを付けることが可。
  • 受付は全国の郵便局の窓口。

スペインに郵便局から小型包装物(Small Packet)を送る際 用意するもの

  1. 税関告知書(CN22)*郵便局でもらえます
  2. 住所と宛先を直接記載してある荷物

以上です。簡単ですよね。EMSであれば、別途書面にてインボイスを添付しないといけませんが、小型包装物であれば税関告知書(CN22)を封筒に直接貼るだけで送ることができます。

小型包装物(Small Packet)税関告知書(CN22)書き方

1.郵便局で税関告知書(CN22)をもらう。事前に郵便局でもらって家で記載してもいいし、発送当日にその場で記入しても大丈夫。

2.税関告知書(CN22)に記入

  • Gift  贈り物
  • Commercial Sample 商品見本
  • Documents 書類
  • Other その他

のいずれかに✔マーク

(1)内容品の数量及び詳細な記載

内容品の英語訳

内容品の正確な記載について

(2)正味重量

およその重量でOK

(3)価格及び通貨

yenで記載

(4)HSコード*商用の場合のみ(5)原産国名*商用の場合のみ

個人の荷物の場合空欄でOK

(6)合計重量 (㎏)

郵便局で計ってもらえます

(7)合計価格

郵便局で確認してもらえます

(8)署名及び署名日付

漢字で名前を書いて発送当日の日付を記載

(1)の内容品の記載ですが、記載する欄が小さいです。

書ききれなかった場合は別紙<税関告知書補助用紙>に記載することが可能ですが、そもそも小型包装物は郵便代金と発送する商品価値が合計価格が4500円未満の場合適用可ですので、別紙記載になると、本当に正しい価格が記載されているのか?とスペインの郵便局で疑われる場合があるので書き方に工夫するなどしてCN22の中にすべて書ききってしまった方が得策です。

スペインに荷物を送る 郵便局の小型包装物(Small Packet)料金比較

スペインに小型包装物(Small Packet)を送るときには郵便局の窓口で<SAL 便>か<航空便>のどちらかを選びます。

違いは到着日数のみ。

2019年7月から一時中断されていた<SAL 便>がスペインでも使用できるようになりました。

SAL 便:発送から到着まで10日~14日程度

航空便:発送から到着まで6日程度

<SAL 便> <航空便>
重量 料金 重量 料金
50gまで 150円
100gまで 180円 100gまで 240円
150gまで 330円
200gまで 280円 200gまで 420円
250gまで 510円
300gまで 380円 300gまで 600円
350gまで 690円
400gまで 480円 400gまで 780円
450gまで 870円
500gまで 580円 500gまで 960円
550gまで 1,050円
600gまで 680円 600gまで 1,140円
650gまで 1,230円
700gまで 780円 700gまで 1,320円
750gまで 1,410円
800gまで 880円 800gまで 1,500円
850gまで 1,590円
900gまで 980円 900gまで 1,680円
950gまで 1,770円
1,000gまで 1,080円 1,000gまで 1,860円
1,100gまで 1,180円
1,200gまで 1,280円 1,250gまで 2,085円
1,300gまで 1,380円
1,400gまで 1,480円
1,500gまで 1,580円 1,500gまで 2,310円
1,600gまで 1,680円
1,700gまで 1,780円 1,750gまで 2,535円
1,800gまで 1,880円
1,900gまで 1,980円
2,000gまで 2,080円 2,000gまで 2,760円

 

スペインに荷物を送る 郵便局の小型包装物(Small Packet)の欠点

  • 荷物が途中で紛失してしまうリスクがある
  • 追跡できるように書留を付けた場合、スペインの税関で止まる可能性がある

スペインにまとまった荷物を送るとき段ボールに入れたらアウトゆうパックの袋はセーフという噂

スペインに長く住んでいる人の情報ですが、段ボール箱の荷物は確実にスペインの通関で止まってしまうけれど、袋タイプゆうパックで包装した場合EMS を使用しても通関で止まらず無事に手元に届く可能性がとても高い

とのこと。

急いでEMSで送りたい場合、壊れものでなければこの方法でチャレンジしてみるのがいいかも!!

スペインに荷物を送る 大きい荷物の場合、郵便局のEMSではなくDHL便を利用した方が確実

スペインに荷物を送る方法は郵便だけではありません。例えばDHLやFEDEXなどの民間業者もあります。

紙バッグで送れない大きいサイズのものや、確実に問題無く相手に届けたい荷物の場合はDHLやFEDEXなどの民間業者を利用する方が絶対におすすめです。自宅に荷物の回収に来てくれる点もポイント高し!

外国に商品を送った際に受取人が関税を支払う義務があるのはどの業者を使っても同じです。関税の%は商品カテゴリ(HSコード)によってスペイン国で定められているため、郵便局でもDHLでも同じ金額を支払う必要があります。

その点においてはDHLやFEDEXはプロフェッショナルで、商品お届けしました、関税は***€です。以上。

ですが、郵便局の場合あなたの商品は通関の際に問題があるとして保留になっています、ですので商品の内容がわかるレシートなどを提示頂いてから次の処理にうつります。などなど。

そして郵便局からその連絡が届くのは通関に到着してから1週間から4週間。本当に意味が分かりません。

また日本の郵便局からEMSを送る際の料金は高いと感じる事が多いです。みかん箱1個で1万円ぐらいでしょう。

DHLはEMSより高いですが、びっくりする価格ではありません。

受取手からすると、もしかしたら日本に送り返されてしまうかもしれないEMSより、差額を自分で払ってもいいので、DHLやFEDEXなどで送ってもらった方がよっぽどありがたいです。

2020年現在も日本からEMSで段ボール箱を送ってもらってスムーズに届いてハッピー!という話は聞いた事がありません。

スペイン留学・スペイン留学前準備!海外送金のパイオニア・トランスファーワイズに申し込んでおきましょう

これからスペイン留学スペインワーホリを検討している人に知っておいてもらいたい海外送金の方法はトランスファーワイズです。 普通の銀行からスペインの口座に10万円の海外送金すると手数料だけで2000円~6 ...

スペイン留学・ワーホリで銀行口座を開くならN26銀行!パスポートがあれば無料で口座開設できます

スペイン留学生・ワーホリなどの移住者の間でよく話題になる「銀行口座ってどうしてる?」問題はN26銀行で即解決! スペイン滞在中のお金の管理はスペイン現地の銀行口座を持った方が便利です。 ですが、CAI ...

【スペイン語学留学・ワーホリ】Q&A 学校やバイトや生活 質問20選 まとめてお答えします

スペイン留学やスペイン語の学習方法について質問を頂く事もあるのでスペイン留学やワーホリに関するQ&Aをまとめてみました。 これらから留学を考えている人の参考になれば嬉しいです。 1.スペイン語 ...

あわせて読みたい

-スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

Copyright© バルセロナ オトナ留学記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.