スペイン【生活】情報

スペイン・バルセロナの賃貸 シェア物件を探すならこの3つの方法【2022年5月更新】

スペイン移住・スペイン留学が決まったら次は家探しですね。

スペインはワンルームやステュディオなど単身用のアパートが少ないため

ワーホリや学生の場合はシェアのアパートを探すのが一般的です。

 

日本にいる間に物件を探して契約して到着と同時に新しい家に住みたいと考える人も多いと思いますが

残念ながらスペイン特にバルセロナの場合は家探しは簡単に進みません。

 

日本にいる間にたくさんの大家さんに連絡をとってみて

どのような手順で進むのか

大家さんからどんな質問をされるのか

返信率がどれぐらいなのかを知るために

練習もかねて早い段階からチェックしはじめましょう。

スペインバルセロナのシェアアパート探し方3選

バルセロナでシェアアパートを探すのは次の3通りの方法を並行して使うのが得策。

他にも小さな不動産サイトはありますがシェアアパート探しには向きません。

 

①日本人向け掲示板で探す

じももバルセロナエスハポン広場にはあまり多くありませんが

不定期でルームメイト募集のスレッドがたっています。

家賃は400€~500€のお部屋が多くBadiやIdealistaよりも値段が少し安い物件が多い印象です。

また【何月何日から入居で予算は○○ユーロで○○エリアの物件を探しています。】

と自分からトピックをたてるのも一案です。

Badiで探す

ルームシェアの場合はこのBadiアプリで家探しをするのが一番おすすめです。

お互いに顔や年齢が見えているので同じ歳ぐらいのルームメイトを探したい人や

趣味や生活スタイルが合う人を探している場合に向いています。

一度送信メッセージを作ってしまえばそれがデフォルトになるので一気にたくさんの大家さんに

メッセージを送ることができます。

ただしメッセージを受け取った大家さんが承認しないとチャットができないようになっているので

返事がもらえない可能性も高いです。

Idealistaで探す

以前はスペインでシェアルームを探すながらこのIdealistaが最も人気でしたが

今はシェアアパートに関しては大手の不動産会社が管理している7人~8人でシェアをする

大型シェアアパートの掲載が多くなっています。

もちろん個人の掲載もたくさんありますが大家さんの

名前だけでは性別や年齢や国籍が判断できないのでBadiの方が使いやすいと思います。

そしてIdealistaもメールの場合返事がもらえない事が多いのでいい物件があれば電話もしくはワッツアップを

送るのがおすすめ。

BadiもIdealistaも月末の25日~月頭の10日頃に

新しい物件が掲載されることが多いので

この時期は毎日欠かさずチェックしましょう

物件を見学したいと連絡しても大家さんから返信が無い

自分が気に入った物件が見つかって内見をお願いしても大家さんから

なかなか返信がこないという場合

考えられる理由は大きくわけて2つ。

1 すでに借し手が見つかっているのに掲載を削除していない

2 大家さんはあなたのメールを見て内見に来て欲しいと思わなかったから

 

Badiの場合450€〜550€で物件を探している人が多く

この価格帯が一番競争率が高いです。

 

大家さんも1日で10件から多い場合は30件のメールを受け取ります。

大事なのはあなたが送ったメールの文章です。

なるべく細かく詳細に書いた方が返事がもらえる確率が高くなります。

【返信率アップ】スペイン家探しBadi・Idealistaメールの出し方 例文7選

スペインでBadiやidealistaを使ってシェアハウスを探していてるんだけど 最初に送るメールに何を書いたらいいのかよく分からない。 大家さんから全然返信が来ない という人 Hola!Soy MA ...

続きを見る

大家さん視点 こんな人に部屋を貸したい

日本人の掲示板に掲載されている物件は日本人に部屋を貸した人が掲載してるので

タイミングと家賃さえあえばすんなりと決まる場合が多いです。

ですが、BadiやIdealistaを使って部屋探しをする場合は

年齢も国籍も職業も違う人が同じサイトを見ています。

人気の物件はたくさんの応募がきますので大家さんは

一緒に暮らして安心できる人を選びたいと考えています。

大家さんから返信をもらいやすい人

1位 オフィス勤務などで定職についている人

定職についている人はやはり社会的信用があります。

家賃の支払いをしっかりしてくれるだろうという点と

平日の日中は家に居ないという点でプラス評価

2位 MBAやマスターを勉強している学生

MBAやマスターの勉強のためにスペインに滞在している人は

学校の授業や自習に時間を費やすため家の中でも

静かに暮らしてくれるだろうという点がプラス評価

3位 大学生

大学生は色々なタイプの人がいますが、親が家賃を支払う場合も多いため

期日通りの支払いは約束してくれることが多いという点がプラス評価 

4位 その他(語学学校、ワーホリ、フリーランス)

語学学校やワーホリやフリーランスで働いている人は

経済的な部分の信用が薄く

家賃滞納などの心配が発生してしまう

という点がマイナスポイント

スペインに遊びに来たのかと思われることも。

日本人であることをしっかりアピールしよう

スペインの大家さんの中には日本や日本食が好きな人もいるので

日本人というと信用してもらえたり日本人は清潔で部屋を綺麗に使ってくれるだろう

というイメージが少しはありますが

日本人に対して何のイメージも持っていない場合もあります。

 

英語でもスペイン語でも良いのでできる限り丁寧な文章で

メッセージ内容

  • 自分自身の年齢と職業(学校名)日本で仕事をしていたことがある人は何の仕事をしていたか
  • 毎日の生活パターン(日中は家にいないことを好む大家さんが多い)
  • 経済的に問題が無い事(家賃は親が払う、日本から給料をもらっているなど)
  • 何月何日から入居希望でどれぐらいの期間住みたいか(6ヶ月以上だと好印象)
  • 何曜日の何時ぐらいにピソ見学を希望しているという事

詳しすぎるぐらい詳しく長い文章でメールを送りましょう。

そしてアイコンはペットや風景ではなく自分の顔写真にしましょう。

 

大家さんから返事をもらえないと見学に行くこともできません。

なるべくチャンスをつめるように最大限できることを準備しましょう。

 

見学までたどり着いてあなたのいい所をたくさんアピールしたら

きっと大家さんに気に入ってもらえると思います。

スペインバルセロナで家族用物件を探すなら

家族やパートナーとの移住であればアパートをひとつ借りることになるので

スペインで一番有名な不動産サイトidealistaをひたすら検索して見学の予約をしましょう。

アパートを1軒を借りる場合、個人とのやりとりではなく不動産エージェントが

持っている物件が多いのでエージェントへの手数料として家賃一か月分が必要となります。

© 2022 スペイン オトナ留学記 Powered by AFFINGER5