スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

スペイン・バルセロナのアルバイト経験談/時給はいくら?チップはもらえるの?

私は以前にバルセロナの日本食レストランでウエィトレスと簡単な調理補助として働いていました。

スペイン現地でのバイトの話は聞く機会はあんまり無いと思うのでバルセロナのバイト事情についてみなさんに共有したいと思います。

これからスペインに留学やワーホリに行きたいなーと考えている人の参考になれば嬉しいです

スペインで日本人ができるアルバイトの種類

ここスペインで日本人ができるアルバイトはかなり限られています。

対面でできるバイトといえば

日本食レストラン、日本語の先生や日本語補習校の先生、ベビーシッターでしょうか。

その中の9割の方はレストランでウェイトレスや調理担当としてバイトしていると思います。

対面式にこだわらなければ最近最も多いのはオンラインでのバイトになります。

日本のクラウドワークスなどに登録してスペインにいながら

ライターとして日本語で記事を執筆する仕事を受ける人が増えています。

スペインでバイトを探すより日本のクラウドワークスで仕事を探すほうがやっぱり簡単です。

ですが、せっかくスペインにいるんだからできればスペイン人の人や現地の人と

ふれあいながら働きたい人も多いのではないでしょうか?

スペインの日本食レストランで働いた場合の時給

スペインにある日本食レストランのウエィトレスの場合時給の相場は7€~8€(910円~1040円)です。

数年も同じレストランで働いているベテランさんであればこれ以上時給が高い場合もあるかもしませんが

ワーホリでスペインにくる場合長く働いたとしても1年だけになってしまうので、

これ以下の場合もこれ以上の場合もあまり無いのではと思います。

スペインのワーホリでバイトしてがっつりお金を貯めることができるか?

スペインのバイトの時給が日本と同じぐらいだから頑張ってシフトに入れば稼げるかな?って思うかもしれませんが、

答えはNOです。

というのもスペインの場合、レストランが一日通しで営業していません。

ランチタイム:13 時から16 時

ディナータイム:20時から24時

この様に営業時間は昼と夜の2部構成になっているお店がほとんどです。

だからフルで働いても1日8時間の就労がマックス。

その場合時給が7ユーロだと換算すると

【一日あたり】7ユーロ(約910円)×8時間→56ユーロ(約7,280円)

週に5日働いたとして

【1か月あたり】56ユーロ(約7,280円)×5日×4週間→1120ユーロ(約145,600円)

になります。

1か月フルで毎日働いた場合、1120ユーロ(約145,600円)稼ぐことができます。

ですが、家賃や食費などの生活費が月に少なく見積もっても800ユーロ(約104,000円)は必要になってくるので

手元に残るのは約4万円となります。

1年間で約50万円貯金することができる計算になりますが

これは、、、、はっきり言っておすすめできません。

このように働くと自分の自由な時間が無くなってしまうからです。

スペインの日本食レストランの営業時間に気を付けて

レストランの営業時間

ランチタイム:13 時から16 時

ディナータイム:20時から24時

休業日:日曜日もしくは月曜日

ランチタイムとディナータイムの間に4時間の空白があります。

一度家に帰るという人がほとんどですが、いったん家に帰りごはんを食べて少し休憩すると微妙に時間があまります。

だけど友達に会ったりするには時間が短すぎる。

スペイン語の学校の授業を受けるのには時間が合わない。

結局このランチタイムとディナータイムの時間をダラダラと使ってしまうことになります。

そして夜のシフトが終わって家に帰ると夜中の1時頃、

(スペイン人は週末であれば夜中の1時から遊ぶのは普通ですが)

そこから遊んでくれる友達はなかなかいないと思います。

バイトから帰って寝るのが2時や3時になるので翌朝起きると朝の10時というのはよくある話。

起きてから何もしないまますぐに昼のバイトに行く時間になってしまい、

そこからまたバイト三昧。。

結局自分はスペインにきて何をやっているんだ?!と自問することになります。

私が働いていたレストランで昼も夜もシフトにはいっているワーホリの人がいましたが、

その人曰く、私はスペインに来てからバイトしかしていない。

友達を作る時間も気力もない。

スペインって楽しですか?って言っていました。

だからバイトするならランチタイムかディナータイムのどちらかだけにしておく方が無難。

スペインの日本食レストランのアルバイトはブラックもある?

アルバイトをする上で最初に一番大事なことは契約がちゃんとあるかどうかです。

スペインの現状として<ネグロ>と呼ばれている雇用形態があります。

これはそう黒・ブラックという意味。

スペインの場合、日本のブラックとはちょっと意味が違いますね。

オーナーが税金をごまかしたいなどの理由から役所に雇用を届けずに、

バイトさんを雇ってバイトスタッフには現金で給料を払うというパターンです。

残念ながら日本人オーナーのお店でもこういったことが行われています。

税金対策の一環としてダメなのはわかっているけど暗黙の了解みたい雰囲気があります。

そしてバイトする側も日本人のオーナーという時点で彼らを信用しているだろうし、騙されているわけじゃない。

給料がちゃんともらえるなら別にちゃんとした契約書が無くてもいいかなーと思ってしまいがちですが

これは違法です。

抜き打ちチェックなどで見つかった場合、

最悪なケースだとバイトで働いている人のビザも取り上げられてしまうかもしれないので気をつけてくださいね。

スペインの日本食レストランでお店ごとの差がでるのはチップとまかない

スペインのレストランですが時給や営業時間には大差がないんですが、店ごとに違ってくるのが

チップとまかないです。

スペインの日本食レストランのチップってどんな感じ?バイトでもチップもらえるの?

スペインにもチップ文化があります。

だけど必ず払わなければいけないわけではなく、サービスが気に入ったら払いたい人だけ払うという緩いものです。

例えば居酒屋スタイルの日本食レストランで食事をしてチップを払うスペイン人は半分ですね。

そしてカップルで日本食レストランで食事をすると二人で60ユーロ(約7,800円)程度なのですが、

このお会計でチップを置いていく場合チップは2~3€ですね。

グループで日本食レストランに食事にきて、テーブルのお会計が200ユーロ(約26,000円)だっとして

このお会計でチップを置いていく場合チップは5€ですね。

私は最初、チップってこんなに少額でいいの?と感じました。

例えばヨーロッパのガイドブックなどを見ると、チップはお会計の10パーセント程度と書かれています。

昔の私がそうだったのですがその情報を信じていて、ヨーロッパ旅行の際にちゃんとしたレストランで

義務的にチップをお会計の10パーセント置いていた人もいるのではないでしょうか?

もちろんサービスがよければ良いのですが、そうでない場合でもチップはマナーだと信じ込んでいました。

でも私が実際にレストランで働いて感じたのはそんなにたくさんのチップを払う現地の人はいないということです。

私が働いていたのは高級に分類される日本食レストランでした。

当然お会計も高めだったのですが、それでもチップ相場は上記のような感じでした。

1テーブルで10ユーロが最高だったかと思います。

ですので、もう少しカジュアルな日本食レストランであればもう少しチップを払う人が少なかったり、チップを置いて行っても

1ユーロ以下という場合もあるのではないでしょうか。

さて、前置きが長くなりましたがレストランでお客さんが置いていったチップ。

このチップ誰がもらえると思いますか?

これは店によって違います。

チップは誰のもの?

  • そのテーブルを担当した人が全部もらう
  • お店にチップ箱があり受け取ったチップはすべてその箱に入れて月毎にスタッフ全員で均等分け
  • 一旦オーナーに渡して、オーナーが管理して毎週や毎月、チップの1部をバイトのスタッフに渡す
  • オーナーが全部受け取る

実際に全部のパターンあります。

多いのは2つ目のチップ箱に貯金してみんなで分けるパターンだと思います。

合計金額もちゃんと公表されるので金額的には公平ですが

でも愛想よく働くサービスの良いスタッフもそうでないスタッフも

同じ金額というのはがんばっている人にはちょっとがっかりかもです。

さすがに面接でチップはどうなりますか?とは聞きにくいのでこれは運次第ですかね。

私はチップだけで毎月30~40€もらっていたので家計の大きな足しになっていてとてもありがたかったです。

スペインの日本食レストランのまかないってどんな感じ?必ずまかないってあるの?

スペインの日本食レストランで働いた場合、まかないが出るお店が多いですね。

私は日本でもレストランや居酒屋でバイトした経験がほとんどないので、まかないのことなんてすっかり忘れていましたが

ここスペインでまかないの恩恵にあずかれること。

これは本当にありがたいです。

外食の価格が高めのスペイン、まして日本食となるとファーストフードのように気軽に食べられるなんてことはありません。

なので日本食レストランでバイトをすることによって無料で日本食が食べられるなんてバイトしててよかったーと思うことですね。

私の場合はまかないをタッパーに詰めてもらっていて、家に持って帰って食べるスタイルだったのでのんびり食べられてとてもよかったです。

でも、なかにはまかない無しのお店もありますので、これだけは面接の時に必ずチェックした方がいいです。

スペインに来る前にバイトを見つけられる?バイトはどこで見つける?

スペインの求人はオンラインで探すのが一番

スペインでバイトを探している。

一番よく聞くのはオンラインの掲示板に出ている求人に応募してバイトを見つけたというパターンですね、私もそうです。

スペインやバルセロナの情報交換掲示板って数が少ないんです。

だからレストランもバイト探している人も同じ掲示板をみているから求人をだせばすぐにたくさんの応募があるようです。

バルセロナのバイト探しをしている人が見る掲示板で代表的なのは

じももバルセロナ

スペイン掲示板(広告求人も多めです)

エスハポン広場

この3つになります。

日本食レストランでのアルバイトを探しているのであればこの3つを定期的にチェック。

この中でも一番求人が多いのはじももバルセロナじゃないと思います。

そして過去の求人リストもチェックすることをおススメします。

短期間の間に何度も何度も求人を出しているお店は裏を返せばバイトの人が次々と辞めているということです。

バイトの人が定着しない理由はお店側に何かしらあると勘ぐらざるをえません。

日本にいる間にスペインのバイトを見つけることができるか?

日本食レストランのウェイトレスやウェイターといった仕事は

日本で先に見つけてスペインに来てすぐに働き始めるということは難しいと思います。

現在スペインで暮らしているワーキングホリデーの人もアルバイトを探している人がたくさんいます。

求人よりも求職者のほうが多いのが現状です。

わざわざ日本住んでいてこれから来る人を採用しなくても、現在住んでいる人で働きたい人はたくさんいます。

例えば、調理師免許を持っていて日本でもレストランで働いた経験がある・現在働いているという場合であれば、日本にいる間にオンラインで面接をして採用ということはあるかもしれまん。あくまでもバイトの場合です。

スペインのバイト先で友達はできる?

日本だとレストランや居酒屋バイトの場合、同年代の人がたくさん働いていて

バイト先で友達ができる事って多いと思いますがスペインの場合はたくさんは無理ですね。

というのもスペインの日本食屋さんって家族経営の小さい店が多いからです。

バイトで雇われているスタッフの数が少ないんです。

私の場合、私ともう一人しかバイトはいませんでした。

もしバイト先で友達が欲しいという場合はなるべくお店が大きいお店を選んだ方がいいです。

【N26銀行で無料・安全に口座開設】スペインで銀行口座を開くならN26銀行 パスポートのみ無料で口座開設できます

猫田さんスペインの銀行口座ってどうしてる? 犬山さん私CAIXAバンクに口座開設しようとしたら断わられたよ ゆかりさん私はもう面倒だからスペインの銀行口座なんていらない スペイン留学生・ワーホリなどの移住者の間でよく話題になる銀行口座をどうするか問題はN26銀行で即解決! スペイン滞在中のお金の管理はユーロ建てでスペイン現地の銀行口座を持った方が便利です。 為替レートがいい時にまとめて両替をしてユーロ建ての口座に入れておくことができる トランスファーワイズと連動させて一番いいレートでお金を持っておくことができる オンラインショッピングの際に日本のカードだと受け付けてもらえない場合がある 一番の理由はやっぱり為替レートです。 毎月10万円を生活費として使うとして日本のカードで支払いや現金の引き出しをした場合約2,340円違います。1年だと約23,400円違います。 日本のクレジットカード為替レート トランスファーワイズ為替レート 差額 130.78円=1ユーロ 127.78円=1ユーロ 3円=1ユーロ 10万円 764ユーロ 782ユーロ 2340円=18ユーロ 2020年の2月の時点では120円=1ユーロでしたが2021年2月の時点では127円=1ユーロになっています。 10万円両替した時に2020年の2月の時点では833ユーロもらえたのに、2021年2月の時点では787ユーロしかもらえません。 為替レートの変動がすごく大きいです。現地にユーロ建ての口座を持っていれば、為替レートがよくなったときにまとめて数か月分を送金しておくとかなりお得になります。 もちろん為替はこの先どうなるかわかりませんが、私はこの先120円=1ユーロになることがあったらまとめてユーロ建てにしてスペインの口座にお金をいれたいと思っています。 話がすこしそれましたがスペインで暮らすなら現地でユーロ建ての口座を持っておくほうが便利なのは間違いありません。 だけど日本のように誰でもスペインで口座開設ができるわけではありません。 スペインの大手銀行(CAIXA ,SABADEL,SANTANDER,BBVAなど)の場合 銀行口座を開くためには最低700€程度の給料明細を提出する必要があります。 ごくまれに窓口の担当者がいい人だった場合、学生ビザを見せて口座を開設できる 場合もありますが、毎月2,000円程度の口座維持費を払う必要があります。 銀行口座の開設は簡単ではないので、留学生やワーホリの人達はいつも銀行口座に頭を悩ませて結局 銀行口座は作らなくていいやー日本のカードで全部完結させる! という人も多いです。 今はそんな留学生やワーホリの人達に強くお勧めしたい銀行口座があります! なるべく安く、簡単にそして安全にスペインで銀行口座を開きたい人におすすめなのがN26銀行です。 パスポートさえ持っていれば口座開設ができます。 あんなに銀行口座どうする? ってみんなで話してたのにあっという間に全部解決です。 そして現在お友達紹介キャンペーンをやっているのでコチラから申し込んでもらえると嬉しいです。 【N26銀行で無料・安全に口座開設】 N26ってどんな銀行? N26 銀行はドイツ・ベルリンで2013年に誕生した欧州最大級のモバイル専用銀行です。 徹底的に利便性と合理性を追求した銀行でターゲットはずばり若者。 スマートフォンさえあれば銀行口座の申し込みが完結し、約1週間後に手元にマスターカードが届きます。 モバイル銀行なので実際の支店はありませんが、現金の出し入れはマスターカード加盟ATMから行うことができるので不便は全く感じません。 1年程度の短期滞在であればメインバンクとして問題無く使用できます。 【N26銀行で無料・安全に口座開設】 N26銀行の安全性は? このN26銀行はすべての操作がスマートフォンでできます。そのため安全性にはすごく気を遣っています。 2段間認証や指紋認証は当然ですし、よくある質問の欄にも携帯を失くしたり盗まれた時にどうするか、知らないところから請求が届いたらどうするかがしっかりと記載されています。 そして人が関与しないのでヒューマンエラーが存在しません。 日本では銀行は古い社風で伝統を重んじる雰囲気が強く、銀行といえば窓口があって当然ですしまだまだ現金が多く流通しています。 ですが、世界はもっと先を進んでいます。 現金を使う人は少なく、クレジットカード払いやオンライン決済が普通です。 そのためオンライン上のセキュリティに関しても日本よりもずっと進んでいます。 私が一番驚いたのは、私が使っているN26銀行のページをスクリーンショットを撮影し てここで紹介しようとしたらスクリーンショットの写真がすべて黒く塗りつぶされていて 1枚もスクリーンショットを撮影することができませんでした。 どんな技術なのかは分かりませんが、すごくハイテクだという事はわかりました。 2016年7月には欧州中央銀行から銀行業務ライセンスを習得しN26に社名を変更。 PayPalの設立者ピーター・ティール氏を筆頭とする支援者のサポートをベースにこれからメガバンクを脅かす存在になるに違いありません。 N26銀行の口座を開いてマスターカードを作ればできる事 スペインのマスターカード提携ATMからユーロを引き出す スペインのオンラインサイトでの買い物 日本からスペインへの送金 など 【N26銀行で無料・安全に口座開設】モバイルバンクN26銀行 口座開設方法 銀行口座開設ができる人の条件 18歳以上 ヨーロッパ在住(外国人でもヨーロッパ在住であればOK) スマートフォンを所有している 長田さんすなわちスペイン留学・ワーホリに来ている日本人は誰でも銀行口座を開設できると言ってもいいでしょう! 現在お友達紹介キャンペーンをやっているのでコチラから申し込んでもらえると嬉しいです。 N26銀行 口座開設手順 第一段階(個人情報登録) ①居住地を選択 ②個人情報(名前、メールアドレス、誕生日)を登録 ③電話番号を登録 ④住所を登録 ⑤その他個人情報を登録 ⑥アメリカ市民権があるかないか登録 ⑦税金情報を登録 *country of tax liability は変更できないので、私はそのままNIEの番号を記入しました ⑧プロモコードを入力 Promo Code よかったら私の友達紹介プロモコードを入力お願いします。 Promo Code: marikoa4230 ⑨銀行口座ログイン用のパスワードを登録・ポリシー同意にチェック ⑩登録したE-mailアドレスにメールが届くので確定をしたら第一段階の登録完了 N26銀行 口座開設手順 第二段階 (カードの選択) ①N26銀行のページにログイン ...

続きを見る

スペイン バルセロナ留学生活 お役立ち情報サイトまとめ 2020年9月更新

どうやってスペインの現地情報を見つけていますか?例えば留学エージェントのサイト内にもスペイン現地での生活情報が載っていますが基本情報のみ、情報が古かったりする場合も多いと思います。 もっとスペインの現地情報について詳しく知りたい!!という方のためにお役立ち情報が載っているサイトのリンクをまとめました。 スペイン留学前にスペインに着いてから充実した留学生活を送るための参考になれば嬉しいです。 【スペイン総合掲示板】スペインに到着して現地生活がスタートしたら一番参考になるサイト @Spain(アロバ・スペイン) スペイン情報探偵局 【日本語サイト】 スペイン版 知恵袋的な存在のサイト シンプルな情報掲示板ですが、この掲示板はスペイン現地で暮らす最も多くの人が利用していると思います。 毎日誰かが新しい新しい質問をして、毎日誰かが質問に答えてくれているとても有難いサイトです。 スーパーでの買いものの事、役所の予約が取れない事、郵便状況の事、子育ての事、探しています、譲りますなど色んなジャンルのトピックが立っています。古いトピックも検索して閲覧可能。 メンバー登録の必要無し、自分のメアドなどを公開せずに質問を投稿することができます。 利用者の多くがすでにスペインで暮らしている人のため、留学前に関するトピックは多くありませんが質問したらほぼかならず誰かが答えてくれます。 @Spain(アロバ・スペイン) スペイン情報探偵局 はスペインで生活し始めたら絶対にチェックするべきサイトです。 【スペインニュース】スペイン現地のニュースが日本語で読める有難いサイト スペイン プレス【日本語サイト】 スペインで今何が起こっているのか?テレビのニュースや新聞でスペインのニュースを見てもなんとなくしか分からずモヤモヤしていた方もこのサイトを読めば問題解決! 特に今の時期コロナウィルス関連で政府が大事な発表をしている場合意味がよく分からないというのは困りますよね。 そして現地の人に聞いてみてもスペイン語や英語で説明を受けてもしっくりこない状況に陥ります。 そんな時にありがたいのがスペイン プレス 日本語なのでサクサク読めて、スペイン現地の情報がしっかり理解できます! 【スペイン求人情報】スペイン・バルセロナ ワーホリや就職希望の方のバイトや就職先探しに CASA ASIA 【スペイン語・英語のみ】 CASA ASIAは日本、中国、韓国などアジアの国々の情報を発信しているスペイン外務省認可の公的機関です。バルセロナとマドリードにオフィスがあります。 毎年アジア フィルム フェスティバルを開催していたり、日本語の教室を開いたりアジアとスペインの架け橋となっています。 あまり知られていませんが、CASA ASIAのホームページには求人のページがありそこではレストラン以外の日本人ネイティブ向けの求人がたくさん掲載されています。(残念ながら現在はコロナウィルスの影響で更新無し) 日本語の先生、IT企業での人材募集、旅行会社の人材募集、会計担当者募集、店舗の販売員募集などなど、勤務期間も短期から長期まで色々。 サイトはスペイン語・英語のみなので当然求人情報もスペイン語か英語になります。 逆を言えば日本人の雇用主はあまりいないので、スペイン現地の会社で働きたいと思う人はCASA ASIAで探すのがピッタリ。 【スペイン求人情報・総合情報】スペイン人と日本人両方が利用している掲示板 エスハポン広場【日本語・スペイン語】 日本語とスペイン語が併記されている掲示板です。 売り買い情報、ピソ同居人募集なども記載されていますが、多くはマドリードやバルセロナでの求人情報です。 レストランの求人が多いですが中には日本人の子供・中年エキストラ募集!などキャスティング会社が日本人を探している記事もちょくちょく見かけます。 スペインデビューを目指している人はぜひチェックしてみてください!! また日本語を勉強しているスペイン人が日本人の同居人を探していたりするので、暮らしながらインターカンビオしたい人には理想の同居人が見つかるかも。 【バルセロナ総合情報】バルセロナ在住者なら一度は見たことある?!定番サイト じももバルセロナ【日本語サイト】 日本人による日本人のためのバルセロナ総合情報サイト。 バルセロナに住んでいる人なら一度は見たことがあるのではないでしょうか? 売ります買います情報、ピソ同居人募集、サークルメンバー募集や求人情報が記載されています。 コロナ以前は色々な情報が載っていましたが、最近は同じ情報が繰り返し掲載されているような雰囲気です。バルセロナのレストランの求人もコロナ後はめっきり少なくなってしまいました。 最近は簡単な仕事でがっつり稼げます!!というなんだか怪しい求人情報が増えているので気を付けてください。 【バルセロナ イベント情報】老舗のバルセロナ現地情報マガジンといえばコレ TIMEOUT Barcelona【スペイン語・英語のみ】 スペイン、バルセロナは世界中から人が集まるメトロポリタンな街。食べ物がおいしくて、アートも盛んで、自然もいっぱい。 そんなバルセロナの街をまるごと楽しむための情報が満載。 【Qué hacer 何する?】のページでは週末何しよう?と悩んだ時には参考にしてみるといいですよ。 今の時期だと、おすすめの野外で遊べる場所やビーチ、屋外で開催されるベントがたくさん紹介されています。 バルセロナの美味しいアイスクリーム特集、美味しいタパス料理が食べられる店特集などの【Comer 食べる】のページは美味しいお店の新規開拓にもピッタリ。 TIMEOUT BarcelonaのWEB PAGEはスペイン語と英語のみなので、言葉が苦手な人は最初から敬遠してしまうかもしれませんが、日本語ブログや掲示板には載っていないタイムリーなバルセロナを発見することができるのでちらっと覗いてみるだけでもおススメ。 【スペイン留学前情報】スペイン大使館のビザ申請用情報 スペインワーキングホリデービザ ワーキングホリデービザ (AML) スペイン短期・長期学生ビザ 留学研究・研修・ボランティア活動を目的とする滞在査証 (SSU-SLU) 【スペイン情報】スペイン在住者のブログは参考になります スペインにはたくさんの留学生やワーホリの人が住んでいて新しい移住者がブログを書いているはずだけど、検索しても出てくるのはいつも同じサイトばっかり?という経験がありませんか? 例えば”スペイン、留学、ブログ”というワードで検索した場合、最初のページに出てくるのはアルゴリズムで計算された最もよく読まれているサイトが並びます。 新しくブログを書き始めた人のブログが運よく最初のページに出てくることはありません。サイト掲載順位は計算されたものです。 なので何か新しい情報や新しいブロガーを見つけたいときには5~10ページ目ぐらいに掲載されているサイトから見てみるのもいいと思います。 スペイン情報を探しているなら色んな方のブログがとても参考になりますよね。 そして私のブログも誰かのスペイン生活の参考になればとっても嬉しいです。

続きを見る

【お役立ち情報】スペイン バルセロナ ワーホリ 病院で無料で医療が受けられる保険証が発行できます

スペインバルセロナにワーホリでやってきてアルバイトや仕事をしている人はSeguridad Socialに登録していれば、無料で公立病院で医療が受けられるTarjeta Sanitaria(保険証)が発行してもらえます。 特にワーホリでスペインに移住している場合、医療保険に入っていなくてもワーホリビザが発行してもらえるので医療保険はクレジットカードに付帯しているものだけ。という人も多いはず。 クレジットカードに付帯している医療保険は出国から3か月で無効になってしまうものがほとんどなので気を付けてください。 いつ病気になったり事故にあったりするか分かりません、そうなるまえにしっかり準備しておきましょう。 スペイン バルセロナ ワーホリ Seguridad Social(社会保険)って何? ワーホリでスペインに来てアルバイトをしているならバイトを始める時に雇用主から契約書をもらってSeguridad Social(社会保険)に登録しているはずです。 登録していないらネグロで働いているということですのでそれは違法就労です。 Seguridad Socialへの登録ですが、まず自分で近所のSeguridad Socialの予約を取ります。 バルセロナ市内だけでもたくさんあります。 予約した日にEmpadronamiento(住民登録)の紙とNIEとパスポートと契約書をもって窓口に行きます。 その場で担当の人がパソコンに登録をしてくれて、NIE番号と紐づいたSeguridad Social番号(社会保険番号)を発行してくれます。 このSeguridad Social番号(社会保険番号)はスペインで働く上でとても大事なので書類は大切に。 スペイン バルセロナ ワーホリ 無料で病院が利用できる Tarjeta Sanitaria(保険証)を申請・発行してもらうには? Seguridad Social番号(社会保険番号)が発行されたらTarjeta Sanitaria(保険証)の申請が可能です。 このTarjeta Sanitaria(保険証)はCAP-Consorci d'Atenció Primária de salut(公共医療センター)で申請・発行してもらいます。 CAP(公共医療センター)の場所 バルセロナ市内にたくさんありますが、申請できるCAP場所は住民登録(Empadronamiento)されている住所によってちがいます。 まずは、家の近くのCAPに行って聞いてみるとよいでしょう。 予約は必要ありません。 Tarjeta Sanitaria(保険証)申請に必要な書類 NIE原本 Empadronamient(住民登録)用紙 Seguridad Socialの登録用紙(なければ番号が確認できる給料明細など) 登録費用は無料 Empadronamientは発行日から3か月以内の書類のみ有効です。 発行日から3か月以上たっている場合は先に市役所で再発行してもらっておきましょう。 Tarjeta Sanitaria(保険証)はその日から病院で使える仮のカードが発行してもらえます Tarjeta Sanitaria(保険証)を申請するとその場で仮のカードを発行してもうことができて、その日から病院で医療サービスを受けることができます。 プラスチックでできた本物のカードは約2週間で自宅まで郵送されてきます。 スペイン バルセロナ ワーホリ 無料で病院が利用できるTarjeta Sanitaria(保険証)で受けられるサービス 公立の病院で無料で治療が受けられます 薬局で薬代が割引になる場合があります 日本の場合、保険証を持っていても2割負担になりますが、スペインバルセロナの場合は本人負担なしで治療を受けることができます。もしもの時の備えとして申請できる条件が揃っている人は申請しておいて損はないです。    

続きを見る

© 2021 バルセロナ オトナ留学記 Powered by AFFINGER5