バルセロナ【旅行者向け】情報

スペイン・バルセロナとマドリードを結ぶ新しい電車OUIGO(ウィーゴ―)最安値は9€=約1200円

バルセロナとマドリードを結ぶ新しい電車OUIGO(ウィーゴー)って?

OUIGO(ウィーゴー)はフランスでサービスを展開していた電鉄会社ですが

2021年の春にスペインでもサービスがスタートしました。

電車版LCC(LowCostCarrier)というイメージをもらううと分かりやすいと思います。

サービスは最低限で、必要な方のみ有料オプションを追加していく形となります。

現在はバルセロナ(サンツ)~マドリード(アトーチャ)駅の間を一日10便運航しています。

(途中、サラゴサやタラゴナで停車する便もあります)

今後はバレンシア、アリカンテ、コルドバ、セビリア、マラガへ

順次路線を拡大していく予定ということなので楽しみです。

OUIGO(ウィーゴ―)のバルセロナとマドリードの値段

この電車OUIGO(ウィーゴ―)の魅力はなんといってもその価格です!

最安値のチケットの場合片道9€=約1200円になります。

もちろん9€のチケットは数が多くはありませんが、すでに旅行することが決まっていれば先に安いチケットを

予約しておくのも良いかと思います。

例えば6月末の現在、9月の半分ぐらいの日数は19€のチケットが買えるようです、

10月であれば9€のチケットが買える日程は30%程度ですが

11月であれば9€のチケットが買える日程は90%程度になります。

半年前であれば9€のチケットを買える可能性が非常に高いです。

もし日本から旅行に来るのであれば飛行機のチケットは半年ぐらい前に予約すると思います。

その時にバルセロナ―マドリードの電車のチケットも予約してしまえば

かなりお得に旅ができると思います。

価格は座席が埋まってくると少しずつ高くなってきます。

そのため直前の予約だとかなり値段があがってしまい、片道60€程度になる場合もあります。

私は旅行の10日ぐらい前に電車のチケットを予約したので片道30€程度でした。

それでも往復1万円以下なので高すぎる価格ではないと思います。

これまでバルセロナからマドリードへ電車で移動しようとすると選択肢はRenfe(スペイン国鉄)の1択のみでした。

なので価格競争というのが無く、これまでRenfe(スペイン国鉄)は早めに予約しても最安値が30€程度だったのですが

このOUIGO(ウィーゴ―)ができたおかげでRenfe(スペイン国鉄)も安い価格のチケットが出るようになりました。

最安値のチケットは今のところ15€だと思います。

バルセロナからマドリードまでの所要時間は?停車駅はどこ?

このOUIGO(ウィーゴ―)ですが停車駅はバルセロナはサンツ駅、マドリードはアトーチャ駅になります。

電車版LCCとは言っても、停車駅は普通のRenfe(スペイン国鉄)と同じで一番便利な駅に停車します。

所要時間はバルセロナ―マドリードで2時間30分になります。

途中サラゴサで停車する場合は+15分になります。

Renfe(スペイン国鉄)もバルセロナーマドリードは最速で2時間30分、便によっては3時間なので

OUIGO(ウィーゴ―)も同じです。

OUIGO(ウィーゴ―)車内の様子

電車UIGO(ウィーゴ―)は2021年に開通したばかりの電車なので外見も車内もとても綺麗です。

列車はすべて2階建てになっています。上の階も下の階も車内の作りは同じです。

2席ー通路ー2席

という普通の座席スタイルですが残念なのがところどころ4人用のボックス席

があるという事です。

友達4人で使うなら楽しいボックス席ですが、知らない人と膝を向け合うのはちょっと

苦手という人も多いのではないでしょうか。

OUIGO(ウィーゴ―)はLCCと同じで最低限のサービスのみ提供しているため座席も選べません。

ボックス席は嫌だという場合はオプションでOUIGOPlus(片道9€)を選べば、予約時に座席を選ぶことができます。

また、食堂車も完備しているので移動中に軽食を取ることも可能です。

そして長時間の移動となると気になるのが携帯電話の電源ではないでしょうか?

OUIGO(ウィーゴ―)の電車は各2シートごとに電源がとれるようになっています。

USB電源ではありません!コンセントです!

携帯を充電したい人は忘れずにコンセントを持っていきましょう。

私はUSBの線しかもっていかなかったので充電できませんでした。

そして荷物置き場ですが、大型のスーツケースが置けるようなスペースがちゃんとあるので

旅行中も安心です。

ちなみにスーツケースを持ち込む場合は別途OUIGOPlus(片道9€)を申し込む必要があります。

OUIGO(ウィーゴ―)の有料オプションOUIGOPlus(片道9€)でできる事

・XLシートの優先割り当て(空室状況による)
・座席の選択(XL座席を含む)
・ハンドバッグ1個と機内持ち込み手荷物1個
・追加またはXLの荷物1個
・プレミアムエンターテインメントサービス(Wifi)へのアクセス

バルセロナからマドリードへスーツケースをもって移動するならOUIGOPlusに申し込むのがベター。

通常よりも広い席を予約できる場合もあるし、プレミアムエンターテインメントサービス(Wifi)に

アクセスできます。

バルセロナからマドリードまでは山の中を走るので電波がかなり悪いです。

メッセージの送受信程度なら問題ありませんが、GoogleMapをみたりお店の検索をするのは

難しいです

電話などもすぐに途切れてしまいます。

OUIGOPlusに申し込まずに別途Wifiのサービスだけ申し込むこともできます。

その場合は3€になります。

OUIGO(ウィーゴ―)に乗ってみた感想

良かったです!またリピートすると思います。

車内のデザインが可愛くて、電車が新しく綺麗なのもポイントが高いですし

発着がバルセロナサンツ駅とマドリードアトーチャ駅なので全く不便がありません。

先日は朝一の便6:45バルセロナ発9:15マドリード着、最終便21:30マドリード発23:45バルセロナを

利用したのですがこのスケジュールであれば日帰りも全然可能です。

むしろ時間が余ってしまい、最後はアト―チャ駅徒歩5分の美術館でゲルニカをみました。

夜19時以降だと無料で入館できたので良かったです。

最安値の9€のチケットを手に入れたければ早めに予約しないといけませんが、1ヶ月前でも

往復50€程度でチケットの予約ができるのでこれからは気軽にマドリードに行けるなぁと思いました。

これからバルセロナやマドリードに旅行予定の方はOUIGOに乗ってみるのはおすすめです!

© 2021 バルセロナ オトナ留学記 Powered by AFFINGER5