留学生活費用

留学生活費用

スペイン バルセロナ 留学中のお金はクレジットカードで管理

2019/7/25  

スペインバルセロナに1年留学するとなると気になるのがお金の管理の方法です。 多くの人の場合スペインでクレジットカードで買い物をして日本の銀行口座からお金が落としになるというパターンではないでしょうか。留学生活にクレジットカードは必須アイテムです。クレジットカードを持たずに留学に来るなんてありえません。 留学生活では家賃や食費や交通費などで毎月約10万円の取引をすることがあらかじめ想像できます。 どうせなら少しでも節約になったり、お得になったりする方法を選んだ方がいいですよね! スペインバルセロナで現金が必要になる場面ってあるの? 私の場合以下の状況で現金が必要です。 家賃の支払い バスに乗ったあとT-10カードがきれていることに気づいたとき・1回乗車券は2.2€ vodaphone携帯の代金15€を機械で払うとき 有料トイレ1€を使用するとき 豆腐やさんで買い物するとき ビーチバレーの参加料2€払うとき 家賃以外に絶対に現金じゃないといけない場面ってあんまりありませんね。。。 とくに財布を盗まれてからは私の財布の中にはいつも10€程度しか現金は入っていません。 でもスペインバルセロナはどこでもクレジットカードが使えるから大丈夫。 スペインで一番よく使う支払い方法はクレジットカード スペインでは買い物やレストランの食事の際にはクレジットカードを使用するのが最も一般的。スーパーでも8割以上の人がカード決済です。 パン屋さんでも然り。1.5€のパンを買おうとして20€札を出したらNO、おつりを使いたくないからカードにしてくれと言われたこともあります。 これだけのクレジットカード社会なので留学の際にはクレジットカードは必ず必要です。万が一の盗難や使えなくなった時のために最低2枚は用意しておいてください。 スペイン留学で使うならどこのクレジットカード会社がいいの? スペイン留学中に最も多くお金を費やすのは家賃の支払い 家賃の支払い方法はキャッシングして現金手渡し 留学中支出の多くを占めるのは家賃です。家賃はクレジットカードでは支払えません。キャッシングして現金で大家さんに手渡しか、現地の口座を開いて日本の口座から送金して大家さんに支払うかになります。 日本で使用するならやっぱり使用頻度が高くてポイント還元が手厚いところがいいですよね。日本だったらやっぱり楽天カード。 ですが楽天カードは海外キャッシングしたときに繰り上げ返済ができません。  毎月30日分のキャッシングの利息を払う必要があります。 そのため留学は留学用と割り切って別のカード作る事をおすすめします。 私がお勧めする【年会費無料】の【スペイン留学用】クレジットカード 1位 【セディナカードJiyu!da! ハローキティ】 理由1.キャッシングしたときに繰り上げ返済がネット上で簡単にできるため節約になる 理由2.キティのイラストがかわいいので、現地で支払いの時に自然と会話がはじまる。これ地味にポイント高いです。 理由3.現地ATMの利用手数料が無料 理由4.カード紛失・盗難保険がついている デメリット:海外旅行傷害保険がついていない 2位 【エポスカード】   理由1.キャッシングしたときに繰り上げ返済がネット上で簡単にできるため節約になる 理由2.現地ATMの利用手数料が無料 理由3.海外旅行傷害保険自動付帯(出発から90日間) デメリット:ポイント還元率が0.5%しかない 3位 楽天カード スペイン留学 クレジットカードスキミング対策も忘れずに準備 スペインはクレジットカード社会だからそれを狙った犯罪も多発しています。学校の友達が知らない間にクレジット情報を盗まれて不正利用されたと言っていました。 備えあれば憂いなし。1000円程度でスキミング防止カードが買えるので一枚財布に入れておいて損はないでしょう。 リンク   スペインでの生活必需品 クレジットカードについて少し勉強してみよう クレジットカードで支払う時ってユーロ?日本円?どっちを選べばいいの? ユキバルセロナで買い物して、カードで支払いしようとしたらユーロにしますか?日本円にしますか?って表示がでてきたんだけど、どうしたらいいですか? 絶対にユーロを選ばないとダメ。マリエル ユキえ、どうして? 日本のカードだから日本円で払った方が得かも?!って思いがちですが違います。 そこに表示される日本円の価格は、お店側で自由に手数料を加えた特別な為替レートを使って計算された金額なんですよ。マリエル クレジットカードの為替レートってどうして悪いの? ユキクレジットカードの請求書の為替レートが思ったより高くてびっくりしたんだけど   それはね、クレジットカードで使われている為替レートはVISA・Masterが設定している為替レートに、さらに楽天やエポスなどのクレジットカード会社が事務手数料を加えて計算されているからよマリエル クレジットカードを見てみて、そこにはVISA/MASTER/JCBなどのロゴが入っているでしょ、そしてそのクレジットカードを発行しているのは、楽天だったりエポスだったりもしくは銀行だったりするでしょ。あなたがクレジットカードを使うにはその2か所に手数料を払わないといけないの。その手数料っていうのは為替レートに組み込まれているから、気づかないうちにそれを払っているのよ。マリエル クレジットカード会社使用為替レート=為替レート ×2%(Visa手数料)×1.63%(カード会社手数料) 為替レート visa為替レート 為替レート×2% クレジットカード会社使用 為替レート visa為替レート×事務手数料1.63%*1 130円 132.60円 134.76円 *1 事務手数料はカード会社によって異なりますがメジャーなカード会社の多くは1.63%です   クレジットカードで現金をキャッシングするのって利息が高くて心配 ユキバルセロナで現金が必要だったから、クレジットカードを使ってお金を引き出したんだけど、請求書をみたら利息(年利18%)がついてた!ちゃんとカードの支払い期限までにお金払ったのになんで? それはね、クレジットカードでお買い物するのとキャッシングがぜんぜん違う種類のものだからよ。日本のクレジットカードを使ってバルセロナでお金を引き出したら、カードの支払い完了日まで一時的にあなたがお金を借りていることになるからよ。簡単に言うとあなたは借金している状態なの。マリエル ユキえ、借金になるなんて知らなかった。しかも年利18%って詐欺みたいに高くない?どうしたら利息を減らすことができるの? 年利18%っていうのは、あなたが1年間返さなかった場合よ。1日あたりで計算すると0.05%の利息、1ヶ月だったら1.5%の利息が発生するということよ。利息(借金)を減らすにはクレジットカードの支払期限日より前にカード会社にお金を繰り上げ返済すればいいのよ。マリエル キャッシング必要返済額=為替レート ×2%(Visa手数料)+カード会社利息(年利18%)+ATM利用料200円程度 キャッシング例 7月1日:バルセロナで10万円分のユーロを現金で引きだした→754.14ユーロだった 8月10日:日本のクレジット会社に支払いを完了させる→101,970円だった この場合あなたは40日間お金を借りているということになり、40日分の利息が発生します。 引き出した現金:10万円÷132.6円(visa為替レート)→754.14ユーロ 借りていた期間40日に対する利息(年利18%):754.14÷365×40×0.18→14.87ユーロ 754.14+14.87×132.6(visa為替レート)+ATM使用料200円→101,970 円   キャッシング例2 7月1日:バルセロナで10万円分のユーロを現金で引きだした→754.14ユーロだった 7月11日:日本のクレジット会社に支払いを完了させる→100,690円だった クレジット払い例 7月1日:バルセロナで754.14ユーロの買い物をした→754.14ユーロ支払った 8月10日:日本のクレジット会社に支払いを完了させる→101,628円だった ユキまさかのキャッシングの方が安くなるとは、びっくり 「繰り上げ返済」に対応しているカードなら連絡すれば対応してくれますよ。これで気兼ねなく現金引き出せますね。マリエル スペイン バルセロナ【おすすめレストラン】Taktika Berri バスク料理バルセロナには当たり前ですがスペイン料理屋さんがたくさんあります。中心部に行けば行くほど観光客向けの高くて味はまぁまぁという店が多いです。地元の人に言わせるとランブランス通りでご飯を食べるなんてありえないそうです。【絶対おすすめ】バルセロナ地元客でにぎわうスペイン・バスク料理の店そんな舌の肥えた地元の人達でいつも賑わうバスク料理の店【Taktika Berri】に行って来ました。ガツンと美味しいスペイン料理です!特に凝った料理はなくシンプルなんだけど、どれも味がしっかりして旨い!この店はピンチョスも有名で...バルセロナ オトナ留学記 ...

留学生活費用

【便利】スペイン バルセロナで購入できる【日本食材】アイテムと価格まとめ 2019年10月更新

2019/10/2  

海外で暮らすときに気になるのが食事が合うのかどうか。ですよね。 スペインはハム、チーズ、パン、オリーブオイル、ワイン、魚介類、肉類、野菜と美味しいものがたくさんあるので食事が合わないという事はないはず。 だけど留学生活では多かれ少なかれ節約は必要、おいしいスペインレストランでばかり食事をしていたらいくらあっても足りません。またスペイン料理は味が濃いので毎日食べ続けるのは正直なところ日本人にはしんどいです。 スペイン バルセロナで日本食の自炊ってどうなの? スペインでの自炊生活はとても楽しいです。米、パスタ、パンが安く手に入りますし、スーパーの野菜や肉は安い。とくにトマトは激安で1個30円ぐらいで購入できます。 スペインにしかない調味料もたくさんありますし留学期間は積極的に自炊にチャレンジしましょう。 そしてスペイン料理に疲れたら食べたくなるのが日本食。だしや醤油の味が恋しい時期が必ず訪れます。 幸いお米はどこのスーパーでも手にはいるので、お鍋でごはんを焚いてチャチャッと肉や野菜をいためて醤油で味付ければあっという間に日本食が完成。 スペイン バルセロナで購入可能な【日本食材と価格】 ヨーロッパ、スペインというと日本食材が手に入りにくい上に値段が高いというイメージを持っていませんか。私もそう思っていました。 ところがバルセロナに住んでみて分かったのが思ったよりたくさんの日本食材が手に入るし、調味料も思ったほど高くないということ。 もちろん日本の価格より1.5倍から3倍程度するので安くはないですが、それでも自分で持ってくる手間を考えたら安いです。 例えばマヨネーズは1回買ったら使いきるのに6か月ぐらいかかります。醤油やダシの素も然りです。 最初は高いなと思いますが、一度購入したら長い間日本の味が楽しめますのでアリだと思います。使いきれるか心配な人は友達と共同購入するのもおすすめ。 商品名 メーカー 内容量 価格(€) 1 マヨネーズ キューピー 500ml 6.50 2 ほんみりん 日の出 400ml 7.95 3 ぽんず キッコーマン 1l 9.50 4 ゆず酢 岸田商会 150ml 8.85 5 酢 ミツカン 500ml 2.95 6 しょうゆ ヤマサ 500ml 3.65 7 しょうゆ ヤマサ 1l 6.00 8 しょうゆ キッコーマン 500ml 4.95 9 しょうゆ キッコーマン 1l 6.20 10 さしみしょうゆ ヒガシマル 200ml 6.35 11 味噌(赤・白) 板長 1㎏ 4.95 12 つゆの素 にんべん 360ml 9.80 13 だしの素 ヤマキ 1㎏ 13.95 14 だしの素 シマヤ 100g 4.50 15 とんかつソース イカリ 500ml 5.25 16 焼きそばソース オタフク 500g 6.50 17 お好み焼きソース ...

留学生活費用

スペイン バルセロナ ワーホリ・留学【1年間に必要な費用まとめ】貯金はいくらぐらい必要?

2020/1/7  

スペインへのワーキングホリデーや留学を考えている人が気になるお金の話。どれぐらいの貯金があればスペイン留学に行けるのか?現地の生活費はいくらぐらい?現地でバイトしたら日本より稼げるのか? バルセロナにワーホリや留学で移住する場合、日本での準備費用+飛行機代金+1年の生活費をあわせると最低でも130万円ぐらい必要です。 そして日本より全然稼げないので留学前にしっかりお金の計画を立てておきましょう。 スペイン・バルセロナに1年間ワーホリ・留学しようと思ったらお金はいくらぐらい必要? 個人差はありますが、日本での準備費用+飛行機代金+1年の生活費をあわせると最低でも130万円ぐらい必要です。 【スペインワーホリ・留学前 準備費用】 ①ワーキングホリデービザ申請書類         ユーロ         日本円 健康診断書 -                          2,600 NIE発行手数料 -                          1,288 ②渡航飛行機 東京―バルセロナ11月出発 片道 エミレーツ -                        79,000 バルセロナ―東京11月出発 片道 KLM -                        58,000 【スペインワーホリ・留学前 現地生活費用】 ③バルセロナ生活費  1ヶ月(€) 1年間   (€) 1年間(円)€=130円> 家賃 400 4,800 624,000 食費 200 2,400 312,000 携帯代金 15 180 23,400 交通費 20 240 31,200 保険代金・薬代金 50 600 78,000 美容院代金 100 13,000 洋服・靴 300 39,000 シーツ・タオル・生活雑貨 100 13,000 1年間のワーホリ・留学 必要金額 ①+②+③→→→→→→→→1,274,488円 ④【その他 必要になる可能性のある費用】 € 円 日本国内交通費 自宅から東京スペイン大使館往復費用×2(大阪在住の場合) 40,000 語学学校費用 バルセロナ語学学校費用(週10時間コース)×6か月 1,200 156,000 旅行費用 スペイン国内・海外旅行 100,000 ①+②+③+④→→→→→→→→1,570,488円 スペイン・バルセロナに1年間ワーホリ・留学しようと思った時の目標貯金額はいくら? スペインワーキングホリデーで1年間滞在の場合 ワーキングホリデーの人は高確率で現地で日本食レストランのアルバイトを見つけることがでます。 平均的に週5で夜のみ働くことになります。 そうすると収入は時給7€×1日4時間×月20日=560€ バイト捜し期間を省いて10カ月間働いた場合 560€×10=5600€ →約730,000円 【支出】留学前の準備費用+スペイン現地での生活費用 =約1,300,000円 【収入】現地でのアルバイト=約730,000円 【支出】ー【収入】→→→ 日本で57万円の貯金が必要です スペイン語語学留学で1年間滞在の場合 長期学生ビザの場合、週20時間までの労働が許可されていますが全員に許可されているわけではありません。 雇用主が5種類以上の書類を用意し移民局に申請し、許可が下りた場合のみ20時間までの労働が許可されます。その場合申請から許可までは2~3ヶ月程度かかります。 労働契約書だけ用意すればすぐに働けるワーキングホリデーの人を雇った方が時間の融通もきくし、手続きも簡単ということで今や長期学生ビザで現地のアルバイトを見つけることは不可能に近いと思ってください。 語学留学の場合現地での収入は0と考えておいた方がいいです。 また長期学生ビザの場合は週20時間以上、語学学校・大学等で勉強しているという証明書も必要です。当然、1年間の学費が必要になります。 【支出】留学前の準備費用+スペイン現地での生活費用 =約1,300,000円  +【支出】語学学校(週20時間)学費1年分=約600,000円 【収入】0 【支出】ー【収入】→→→ 日本で190万円の貯金が必要です スペイン バルセロナにワーホリ・留学したいが貯金が足りない場合はどうしたらいい?あきらめた方がいいの? ワーホリ・留学時期をずらして日本でのアルバイトに励む お金が足りないのであれば、無理してすぐに出発する必要はありません。ワーホリの場合、申請が30歳までですが、実際の渡航は31歳でも大丈夫です。 スペインより日本の方が圧倒的にお金を稼ぐことができます。家賃がういて、まとめて稼げるリゾートバイトもおススメです。 ワーホリ・留学先をバルセロナではなく比較的家賃の安いアンダルシア・バスク・ガリシア地方などに変更 ...

留学生活費用

スペイン バルセロナ【生活費】と【収入】2019年7月更新

2021/2/1  

スペイン留学を考えたときにまず気になるのが生活費。ガチガチの節約生活ではなく現実的な生活費をまとめてみました。 スペイン バルセロナワーホリ留学に必要な【生活費】2021年2月更新 バルセロナ 1ヶ月の生活費   (通貨単位:ユーロ) 固定費 家賃(シェア) wifi + 光熱費込       450.00 携帯電話 voda phone SIM          15.00 保険 医療保険        45.00 変動費 食材費 卵           4.00 肉・魚          20.00 野菜・果物          20.00 ドリンク(水・牛乳)          10.00 アルコール          20.00 米・パスタ・パン          15.00 おやつ (スナック・ヨーグルト)          20.00 外食費 月1ランチ          15.00 週2カフェ(コーヒー)          15.00 交通費 T-casual(バス・メトロ 10回回数券) × 2枚          22.70 日用品費 シャンプー・リンス・ボディシャンプー            6.00 基礎化粧品          15.00 歯ブラシ・歯磨き粉            3.00 洗剤、掃除用品、トイレットペーパー            7.00 合計       702.70 バルセロナの生活費の半分以上は家賃になります。もちろんシェア物件です。450€以下の部屋もいくらでもありますが、安全な場所で安全そうな人とシェアをすることを考えた場合450€ぐらいを見ておくとよいと思います。 バルセロナにはおいしそうなレストランはたくさんありますが外食は高いのでセーブ。お得なランチメニューは12~15€、夜は一人当たり最低25ユーロといったところです。 外食は月1回のみのランチで我慢してあとは自炊をしながらバルセロナで普通に生活した場合でも毎月700€(約10万円)は必要になります。 オプション ...

© 2021 バルセロナ オトナ留学記 Powered by AFFINGER5