日記

スペインでスペイン人とお弁当教室やってみました

投稿日:

寿司やラーメン日本食レストランはスペインにもたくさんあってスペイン人にもなじみがあるけれど、日本のお弁当はテレビで見たことあっても食べた事ある人は少ないだろう。

ましてスペイン人で日本風のお弁当を作ったことがある人なんていないんじゃないかー?というわけで土曜日のカレーパーティーに引き続き日曜日はお弁当教室開催してみました。

お弁当教室参加者

  • スペイン生まれドイツ勤務で最近スペインに戻ってきた女性
  • カレーパーティにも参加してくれたイタリアン中国男子

今回は2人の参加でした。そしてサンプルのお弁当はコチラ

お弁当メニュー

  • 照り焼きチキン
  • 卵焼き
  • 野菜巻
  • ピンチョス
  • 飾りニンジン
  • 動物おにぎり

初心者向けの簡単メニュー。スペイン女性は普段から料理をしているという事で心配無しですが、中国男子は料理なんてほぼしたことないとのこと。親子のような凸凹コンビと共に楽しい料理教室スタートです。

最初は中国人男子が照り焼きチキン、卵焼き、野菜巻のホットメニューを担当、スペイン女性が動物おにぎりと飾りニンジンを担当し終わったらスイッチです。

卵焼きからスタートしたら、まず中国男子卵落として割るwwどんまい!

そして日本人であれば上→下もしくは下→上で巻くであろう卵焼きを、右→左に巻く。いや、いいんですよ。あなたがやりやすい方法で巻いてください。完成形は初めてとは思えない良い出来栄え。

照り焼きチキンは余裕でした。そしてさすがお箸の国中国出身。菜箸をなんなく使いこなしてました。ここスペイン人は割と苦戦するんですよね。

一方動物おにぎり中のスペイン女性。お米が型にひっついて取れないと悪戦苦闘。そうですよねー。おにぎりの型は水でぬらさないとひっついちゃいますよね。最初に伝えたんだけどな。。。

そしておにぎり型抜き以上に海苔で表情を作るのに四苦八苦。確かにこのパートはこまかい作業で慣れないスペイン人にはハードルが高い!!

でもドイツ勤務経験のある彼女はまじめにゆーっくり根気よく切り抜いてました。さすがです。

そのころちゃちゃっと任務を終えた中国男子は扇風機に吹かれながらリラックスタイム。やっぱり凸凹コンビだな。

そして飾りニンジンをスペイン女性が始めると、中国男子もスイッチが入ったようで、僕もやる!と。いいねーやる気だしてきたねー。そして意外とうまい。アジア人は細かい作業に向いてるってことがよく分かりました。

そしてミッションチェンジ。

スペイン女性は日本食のお料理にとても興味があるので、この調味料はどこで買える?豆腐はどこに売ってる?おすすめのレストランは?などたくさん質問してくれるので、とっても教えがいがあります。

が、できれば説明した通りに作って頂きたい。今日のレシピでは照り焼きソースは焼いてから絡めるのです。焼く前のチキンの袋に照り焼きソースを入れようとするのはやめてください。

一方中国男子はあっという間におにぎりを作って、海苔切り作業もあっという間。またもや扇風機に吹かれながらリラックスタイム突入。

すっかり待ちくたびれた頃に、お弁当に詰めるデコレーションタイムスタート。

やっぱりお弁当作りで楽しいのはこの時間ですよね。

お弁当教室の最初にお弁当には決まりがありません。サンプル通りにデコレーションする必要はないので、あなたが好きなように盛り付けて下さいねー。そしてお弁当は目で食べるとも言って飾り付けや色使いが大事なんですよー。

と伝えてた結果最終的には二人の個性が全面に出たお弁当が出来上がりました!!

今回のお弁当作りは3時間近くかかりました。

これを毎日作っている日本のママはすごい!!ということで意見が一致して終了!

ちなみに別の日に同じメニューでお弁当教室を開催した時のスペイン人男性のお弁当はコチラ

大変良くできました!!

バルセロナ

-日記

Copyright© アラフォーバルセロナ留学記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.