日記

アラフォー スペインバルセロナ留学 1年半が過ぎて思う事

投稿日:

2018年の4月にバルセロナ留学をスタートさせてあっという間に1年が過ぎ、そして2年目もあっという間に半年が過ぎてしまいました。当時思い描いていた1年半後と現状で大幅に違ってきたことは下記の2つ。

1.就職できない

2.スペイン語の能力が伸びない

アラフォー留学 スペイン バルセロナで就職できない!!

1つ目の就職ができないについてはこれは現時点ではどうしようもありません。EU圏外の人がこの国スペインでオフィスワークに就くのは非常に非常に難しいのです。

まずは自国の国民を採用することが最優先というのは納得できます。そして次に労働ビザが必要ないEU圏の人を採用するというのも確かに会社側からすると当たり前のことですよね。そして次に英語ネイティブの人を採用する場合が多く、最後にその他の人。一般的なスペインの会社の場合、ただでさえ少ない採用枠がその他の人まで回ってくることはまずないでしょう。

どうすれば日本人が採用してもらえるか。やはり日本企業と取引のある会社だと可能性が少しだけアップします。以前に就職活動をしたときに日本語ネイティブを探しているIT関連のオフィスの会社から連絡をもらいました。

使用言語:日本語と英語少し

勤務時間:月曜日~金曜日 スペイン現地時間の朝6:00~15:00

給料:年間約20,000€

ITの知識は全くありませんがぜひ働きたいです!とすぐに返事をしましたが労働ビザを保持していないということで面接に至りませんでした。

スペインの場合(駐在や現地の人と結婚・事実婚となる話は別ですが今回はそれは置いておいて)学生ビザ等で3年滞在して初めて労働ビザに切り替える権利ができるそうです。この3年ってなんなん!!! やはり自国の人たちの就職が優先だからだそうです。

あーあ、外人が外国で暮らすのにはやはりビザ問題は避けて通れませんね。

就職難の国で労働許可をもたないアジア人が就職をするのは本当にいばらの道です(涙)

いつか就職できますように。

アラフォー留学 スペイン語の能力が伸びない!!

これはスペイン政府のせいでもなく誰のせいでもなく自分のせいです。あ、ちょっとだけ年齢のせいはあると思います。

スペイン語が話せるようになってバルセロナで就職して生活するぞ!!と意気込んでやってきたわけですが、見えないゴールに向かって強い気持ちを継続させるのは難しく現在低迷期です。

最初の1年は無遅刻無欠席の勢いで学校に通い、家では予習復習をし勉強していたわけですが、今では学校以外で教科書を開かなくなってしまいました。

テレビのニュースは見たりしていてるので日常的にスペイン語を耳にはしていますが、でも何を言っているのかは理解できません。本当は今頃スペインニュースを見れるようになっていたかったのに、天気予報しか理解できません。

少しはスペイン語が話せるのでスペイン人と会った時に自分の事について発言する程度はできますが、相手が話すことが理解できないことが多いです。知らない単語が多すぎるのです。そんな状況を打破すべく今後は単語学習に力を入れていきたいと思います。

あーあ、学生時代は単語はすぐに暗記できたのに、今は無理。覚えても1分後に忘れてます。

アラフォー留学であまり年齢の事を気にしたことはなかったけど記憶力に関しては完全に衰えを感じてがっかりです。

でもまぁ1回で覚えられないなら、2回、3回やればいいんですよね。そうするしかないですよね。

語学は継続と努力さえすれば習得できるはず。

これからどんどん寒くなって家にいる時間が長くなるだろうから単語学習がんばります。

アラフォー留学 スペインバルセロナに住んでいることをもっと楽しもう

もしスペイン留学を決意しなかったら私は今でもマレーシアで会社員としてオフィスで働いていて何不自由なく暮らし、友達と旅行に行ったりホームパーティをしたりして楽しく暮らしていたと思います。それが私の日常だったから。

私はあの頃その日常から脱出するべきだと強く思っていてスペイン留学を決めた。なのに、バルセロナに1年半も滞在すると、バルセロナ空港に到着して新生活が始まるぞーっていうワクワクしたあの嬉しい気持ちを忘れてしまうことが多々ありました。

日常を抜け出してきたはずなのに、また自分で日常を作り出してそこに閉じこもる日々。ループする毎日。

なので、ときどきバルセロナの最初の1ヶ月の頃の写真を見たりして当時の気持ちを思い出すようにしています。何もかも新鮮で毎日散歩をしてワインを飲んで生ハムをもりもり食べていた日々。一生懸命スペイン語を勉強していた日々。

スペインに長く住みたいけどビザの問題もあるし、お金の問題もあるし、あとどれぐらいバルセロナに住めるのか未定です。

私は独身ということもありかなり自由に生きていると思います。せっかくのこの時間をもっともっとありがたく楽しまないとな!

いつかバルセロナを離れるときがあった場合、後悔しないように、スペイン語の勉強をしっかりやって、日本人もスペイン人も他の国の人も新しい人達にどんどん会って、刺激を受けながらもっともっとバルセロナ生活を楽しもうと思います。

バルセロナに住んでいる人でも旅行者の人でもよかったら、お茶飲みましょーって気軽にお声かけくださいね。

 

バルセロナ

-日記

Copyright© アラフォーバルセロナ留学記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.