スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

スペイン バルセロナでの【大人留学】をおすすめする5つの理由

更新日:

スペイン バルセロナ を大人留学におすすめする5つの理由

大人留学は勉強だけに集中するだけが目的ではなく、その後の人生をより豊かにするためのヒントを得ることが醍醐味。

  1. スペイン語以外に美術、建築、食など楽しめるものがたくさんある
  2. 1年を通して気候がよく明るい街
  3. バルセロナを拠点にヨーロッパ各地に旅行しやすい
  4. 日本食材もスペインの中では手に入りやすい
  5. 世界中から人が集まっているインターナショナルな街なので英語の勉強にもなる

 

1.<スペインバルセロナ 大人留学>スペイン語以外に美術、建築、食など楽しめるものがたくさんある

スペインと聞いて浮かぶもの、ガウディ、サッカー、生ハム、ワイン、ピカソ、ダリ、フラメンコ、闘牛。いろいろありますが闘牛以外すべてのものはバルセロナで楽しむことができます。

夏になると海辺では無料コンサートが行われ、野外シアターがオープンします。また街の中心地にあるリセウ劇場ではオペラやバレエを観劇することができます。一番安いチケットであれば2000円程度で入場できます。

留学の1番の目的がスペイン語だとしても、スペイン語学習に没頭するだけの留学は正直重いです。

10代20代の留学であれば語学習得や勉学にどっぷりつかるのもいいと思いますが、大人の留学は人生を豊かにするためのもの、多方面からその国の文化を吸収したほうがより充実した留学になります。

日本では興味があっても時間がなくてスタートできなかった趣味やスポーツに没頭することも可能。

語学以外にどれだけインプットできる環境かどうかが大事なポイント。

2.<スペインバルセロナ 大人留学>1年を通して気候がよく明るい街

ある程度の期間住む街であれば気候は大事です!

憧れのヨーロッパ留学をしたものの、毎日お天気が悪くて家の中に引きこもっていたのでは楽しさは半減。こんなはずじゃなかったーーとならないためにも気候のチェックは忘れずに。

バルセロナの気候はヨーロッパの中でも一番ではないでしょうか?夏は34度ぐらいまでになる日もありますが、暑すぎると感じるのは夏の間の1、2日ほど。冬は寒くても5度を下まわることはあまりありません。年間を通して雨も少なく、晴れの日が多いです。

スペインの中ではバルセロナは海が近いため湿気が多いと言われていますが、日本に比べたら湿気と呼ぶようなレベルじゃないので全く気になりません。

スペインの北部のバスクやサンセバスチャンは1年を通して雨の日が多いです。サングラスと折り畳み傘は常にもっておけと言われるほど。またスペイン南部のコルドバやセビージャなどのアンダルシア地方は夏は40度ぐらいまで気温が上がる日が続き日中の外出は危険。

そんなに紫外線を浴びてしまったら10年後のしみそばかすが恐ろしいことになってしまいます。

3.<スペインバルセロナ 大人留学>バルセロナを拠点にヨーロッパ各地に旅行しやすい

日本に住んでいたら飛行機で15時間以上かかるヨーロッパ旅行は頻繁にいけるものではありません。がんばっても一度の旅行で2,3か国まわるのが精一杯。そして駆け足での旅行は自分が今どこの国にいるのか見失いがち。

せっかくのヨーロッパ旅行はじっくりと時間をかけて廻りたいところです。バルセロナのいいところは、バルセロナ空港からヨーロッパ各国へのLCC路線がたくさんあるということ。

有名なところではVueling air(ブエリングエアー),Ryanair (ライアンエアー)。バルセロナからイタリアローマまで往復10,000円でおつりがきます。もちろん国内線も安くて私はバルセロナからセビージャまで安い日を選んで往復3,000円で行くことができました。

私の場合あとはバルセロナからコペンハーゲン、バルセロナからプラハに行きました。いずれもチケットは往復10,000円以下。バルセロナに住んでいなかったらどちらの国も行く機会はなかったと思うので、バルセロナに住んでてよかったーとしみじみ。

そしてバルセロナのいいところはなんといっても市内から空港までエアロバスで40分程度、片道6ユーロと近くて安いところ。頻繁に旅行したい人にとっては空港まで近くて安いというのはかなりポイント高いですよね。

4.<スペインバルセロナ 大人留学>日本食材もスペインの中では手に入りやすい

生ハム、パエリア、チーズをはじめとするスペイン料理はとても美味しいです。旅行中は毎日食べても飽きないと思いますが、いざ生活となると毎日スペイン料理では胃が疲れてしまいます。

そうなるとやっぱり日本食を自炊できる環境というのはとても心強いです。バルセロナの場合アジア食材店がいたるところにあります。市内であればバスや電車を使えば15分以内の場所に1軒ぐらいの割合でアジア食材店があります。

そのアジア食材店でしょうゆ、さけ、みりん、みそ、マヨネーズ、だし、味ぽんなど基本的な調味料は簡単に手に入れることができます。カレールーもアジア食材店には必ず売っているので安心。

お値段も日本よりはもちろん高くてしょうゆ1リットルが1000円ぐらいしますが、1リットルあれば半年ぐらいは使えるので月割りすれば100円~200円。レストランで日本食を食べることと比べたら決して高すぎる値段ではありません。

お米はスーパーでは2㎏が100円ぐらいで売っています。オーガニックのお店でもお米は2㎏300円程度。

調味料とお米を簡単にそろえることができるので、野菜だって肉だってお醤油で味付けすれば、いつでも自宅で簡単日本食が作れちゃいます。

平日は自炊で日本食を食べて、週末はスペイン料理とワインを堪能できるバルセロナはやっぱり最高。

5.<スペインバルセロナ 大人留学>世界中から人が集まっているインターナショナルな街なので英語の勉強にもなる

バルセロナでびっくりしたことのひとつが、スペイン人より他の国の人に会う機会の方が多いということ。

ビーチバレーをしているときも30人いれば半分以上は外国人、フランス、イタリア、ドイツなどの近郊の国はもちろんハンガリー、ポーランド、アメリカ、ウクライナ、ロシア、ブラジルそして日本人とバラエティに富んでいます。

私が日本食イベントを開催したときも8人いればスペイン人は半分で残りはポルトガル、ポーランド、フランス、アルゼンチンから来た人など。

スペインに長く住んでいる人が多いので皆スペイン語を話しますが、英語も話すことができる人が多いです。逆にスペイン人は英語が話せない人が多い。

スペインでスペイン語を話す外国人とおしゃべりすると、スペイン語も分かりやすいし、英語で話すことで英語も忘れないでいられるし実はとっても効率的に語学学習できます。

通訳や翻訳の仕事などスペイン語を専門とする仕事をしたいと考えている人でなければ、スペイン語だけでなく英語も勉強できてしまうバルセロナ。バルセロナはここにいるだけで、世界中の話を聞くことができるとても魅力的な街です。

スペイン バルセロナ 大人留学 デメリットは?

スペイン バルセロナ大人留学のデメリットですが、その価値が自分自身にしか分からないという点でしょうか。

いくら充実した日々を過ごしたとしても、試験に受かったり、資格を取ったりしない限り形としての結果は残りません。

結果が見えないと周囲の人はあまり評価してくれないかもしれません、仕事を辞めてまで留学なんて、自己満足でしかないと言われてしまうかもしれません。

行く前も行った後も周囲から色々言われることがわずらわしく感じることがあると思います。

ですが、留学後はそんな周囲からの意見も聞き流せるぐらい充実した強い気持ちが生まれているに違いありません。自分自身にしかわからない気持ちだけど、その気持ちを持っている持っていないではその後の人生が少し違ってきます。

留学を終えて日本に帰ったときの再就職が心配という人も多いでしょう。留学後であれば自信をもってアピールできることも増えているはず。転職活動も積極的に行うことができればいい結果につながると思います。

スペイン バルセロナ 大人留学 どれぐらいの期間の滞在が必要?

最低でも5ヶ月はあったほうがいいです。1ヶ月や2ヶ月では長期で旅行に来たような感覚で終わってしまいます。3ヶ月となると楽しくなってこれから!という時に帰ることになります。

そう考えると短くてもやはり5か月ほど必要です。留学したという手ごたえも感じられるはずです。6か月以内であればワーホリビザ(30歳まで)や短期学生ビザを習得するばいいので、日本での留学準備は簡単。

もちろん1年留学できればそれに越したことはありません。

バルセロナですべての季節を体験するのはとても素敵です。

スペイン バルセロナ 大人留学 何歳までがタイムリミット?

どういったときに大人の留学を考えるかというと、やはり、このままの人生でいいのか?と悩んだときが多いと思います。私も然りです。

そんな人達にとって大人留学は新しい道を切り開いてくれるキッカケになることは間違いありません。

ある人にとってはそれは30歳のときかもしれないし、40歳のときかもしれない。あるいは子育ても終わった50代の時かもしれません。早いとか遅いとかいうことはありません。自分のタイミングで留学すればいいんです。留学にタイムリミットはありません。

実際私が通っている語学学校にはリタイヤをした60歳以上の人も通ってきています。バルセロナの暮らしが好きだし頭の体操にもなるし若い人とも話ができるし留学最高!とニコニコ笑っていました。

経験から得るものは大なり小なりその人の未来に影響を及ぼします。よりよい未来にするために、少し休んで留学してみるとヒントや答えが見つかると思います。

スペイン バルセロナ 大人留学を成功させるコツ

せっかくの大人留学だからなるべくたくさんの事を吸収したいですよね。そのためのコツは

  1. フットワークを軽くする:今度お茶しようと言われたら、その場で日程を決めちゃいましょう。気になるイベントがあったら迷わず参加。
  2. 苦手なタイプと決めつけないで誰とでも話してみる:日本人からみるとKYだなと思える人もたくさんいます。ですがそれがその人の国の文化です。日本の枠で人を見るをやめたら新しいタイプや考え方の人と知り合えます
  3. 日本にいるときとは違う自分を演じてみる:洋服もメイクも年齢関係なく好きなものを思いっきり楽しみましょう
  4. ***しなければいけいないという考えを捨てる:スペイン語がペラペラにならなきゃいけない、スペイン人の友達を作らなければいけない、***に旅行にいっておかなければいけない、***留学を楽しまなければいけないと考えるのはやめましょう。上司の命令ではなく自分の意志で留学にきたのだから****しなければいけないことなんてありません。

日本で暮らしている延長上のような生活をしていたらせっかくの留学がもったいないです。スペインバルセロナは自分から積極的に動くことでたくさんの情報や経験が得られます。心のおもむくまま毎日を楽しむのが一番。

バルセロナ

-スペインワーホリ・バルセロナ留学【生活】情報

Copyright© アラフォーバルセロナ留学記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.