日記

バルセロナ・モデルニスモ建築 48時間オープンハウス2019に行ってきました

更新日:

バルセロナでは普段は一般公開のない建物が今週末48時間限定で公開されていたのでモデルニスモ建築好きの私はいそいそと出掛けてきました。

スペインバルセロナ モデルニスモ建築 CASA PÉREZ SAMANILLO(カサ・ぺレッツ サマニージョ)1910年築

ディアゴナル通りを歩いているとひときわ目を引くこちらの建物。写真を撮っている観光客もたくさん見かけますが、どうしてガイドブックに載っていないのか不思議です。

このCASA PÉREZ SAMANILLOはモデルニスモの終盤1906年~1923年にかけて起こったノウセンティスムの建築です。

ノウセンティムとはモデルニスモに相対するコンセプトの建築様式でより古典主義的アプローチが強いのが特徴です。

そして建物の中に入って驚いたのがお茶を飲むために作られて部屋、SALA DE JAPON (日本の部屋)という部屋があったこと。

天井には日本を連想させる富士山、鯉、鶴、桜や菊の絵が描かれていました。

 

スペインバルセロナ モデルニスモ建築 CASA SAYRACH(カサ・サイラック)1918年築

そしてこちらのCASA SAYRACH(カサ・サイラック)。これは私が以前からずーっと気になっていつか中に入ってみたいと思っていた建物。というのもこの建物の建築家のサイラックさんは才能あふれる人なのに生まれるのが少し遅すぎた悲劇の建築家なのです。

この建物をデザインしたのはサイラックさんなのに、建物建築書類に署名をしたのはガブリエルさんという別の人。というのも当時学校を卒業したばかりのサイラックさんは書類に署名をできるだけの権限を持っていなかったのです。かわいそう。

そしてこの建物は何かに似てると思いませんか?そうですガウディの建築によく似ているのです。それもそのはず、サイラックさんはガウディを尊敬しており彼の影響を受けて直線を使わず曲線を生かした建物を設計していました。そしてこの美しいCASA SAYRACHが誕生した1918年、残念ながらモデルニスモの時代は幕を閉じようとしていた時期でした。

ガウディの影響を強く受け建築を学び、ようやくプロとして1歩踏み出したときにモデルニスモが終焉を迎える。

運命とはなんと皮肉なものでしょうか。

もしサイラックさんがあと10年でも早く生まれていたら、彼の作品がバルセロナの街にもっとたくさんあったはずです。

そして普段は一般公開されることのないCASA SAYRACH。海をモチーフとしたロビーの壁は一面海をイメージした波模様です。天井も波。そして海の守護神ポセイドンや海の生物がモチーフとして組み込まれています。エレベーター前には骨をモチーフとした大きな梁。

海というコンセプトはカサ・バトリョに似ていますよね。コンセプトは似ていてもアプローチ方法が違っていてそこにサイラックさんらしさがあります。建物外部も内部も美し曲線が続いています。

スペインバルセロナ モデルニスモ建築 EDIFICIO MAS DE MIQUEL

ガウディとのコラボで知られているドメネク・スグラニェス・イ・グラの作品です。この建物はバルセロナで鉄筋コンクリートで建てられた最初の家です。

ステンドグラスに向かって、吹き抜けがとても美しいフォルムが特徴のこの建物、昔はホテルとして使用されていましたが現在は普通に住居やオフィスとして使用されています。

スペインバルセロナ モデルニスモ建築を巡ってみて

1890年~1910年にかけてがバルセロナのモデルニスモ黄金期で、この時期に建てられた建物がバルセロナのアルシャンプラ地区にはたくさん残っています。

なんか素敵な建物だなと思って建物の上を眺めると1901年とか1905年とかのマークが入っていることがよくありやっぱりモデルニスモ建築だ。と思って嬉しくなります。

110年~130年前というと日本は明治時代で第一回衆議院議員総選挙が行われ議会が開催されたり、日英通商航海条約ができて貿易が始まったり、アメリカから蒸気自動車を輸入したり、東京―大阪間で電話開通したり、いくつかの戦争が起こったり、、、現代に向けて大きな改革が始まった時期です

日本のそんな時期にバルセロナではこのような美しい建物が建築ラッシュを迎えていて、今でもその美しい建築を見ることができるというのはなんとも感慨深いです。

もっとたくさん見たかったのに、30分以上並ばないと入場できないためたくさん見れなかったのが残念ですが、お天気もよくて散歩がてらまわれて満足!!

プチ情報ですが日本食材を売っているトーキョー屋がCASA PÉREZ SAMANILLOの近くに移転してオープンしていました。

バルセロナ

-日記

Copyright© アラフォーバルセロナ留学記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.